カテゴリー別アーカイブ: きつくり(庭木の剪定)

庭木の剪定(7)松ぼっくり

朝活(朝の1時間を利用)として庭木の剪定をおこなっています。

以前のブログ記事を書いて以降、モッコク、アオギリ、フヨウ、モクレン、サンシュユ、ジャノメエリカ、マツを剪定しました。
モッコク、アオギリ以外は低木です。

明け方の冷え込みが厳しくなってきました。
震えながら木に登っていては転落しかねませんので、低木を中心におこなっています。

<アオギリ>

(ビフォー)

aogiri_before

裏庭にある大きなアオギリです。
主屋の改修工事で減築(1間=1.8m分)する前は、屋根上まで枝がせり出していました。
減築により空間ができ風通しも良くなりましたが、木の大きさを維持すべく毎年の剪定が欠かせません。

(アフター)

img_4564

<アカマツ>

(ビフォー)

img_4597

十数年前は大きなマツの木があったのですが、松くい虫で枯れてしまいました。
その後、近くから自然生えした実生木が現在、高さ3mを超えています。

近接して大きなアラカシなどがあるため、上方向に伸ばすことができません。
そこで通路側に門冠になるように仕立てるつもりで3年前からは枝を伸ばすようにしたところ、急に勢いがでてきました(1年で1mずつ伸びています)。

img_4599

勢いがあるのは良いのですが、木が大きくなり剪定が大変になりそうです・・・

そして、昨春に初めてついた松ぼっくりが、この秋に熟しました(^_^)
(アカマツの松ぼっくりは2年型ですので、熟すまでに1年以上かかります。)

img_4598

このマツを親木にして、いずれは裏の里山にもマツを再生してみたいものです。

枝先には既に新芽や松ぼっくりの子供ができています。

img_4624

この新芽が来春、1m伸びることになります。

さて、マツの剪定は、春に「みどり摘み(新芽摘み)」、秋に「古葉かき(もみ上げ)」の年2回おこないます。
今回は「古葉かき」ということで、古い葉を上方向(樹皮を痛めないため)に引き抜いていきます。

(アフター)

img_4685

剪定で下写真の松葉がでました。

img_4627

松葉は仙人食と言われるように身体に良いそうです。
口に入れて噛めば歯槽膿漏に効くというので、剪定中に噛んでみると、深い緑と言った感じの風味?で確かに効果がありそうです(^_^)
今のところ私自身は歯槽膿漏ではありませんので、この松葉は天日で乾燥させて、薪ストーブの焚き付けに使おうと思っています。

<続きます>

庭木の剪定(8)葉っぱの蒲団

朝活(朝の1時間を利用)でおこなっている庭木の剪定は、前回のマツをもって今シーズン分は終わりました。

完了後の全景です。

(前庭)

img_4668

(裏庭)

img_4670

(ビフォー)

img_4210

(アフター)

img_4666

上写真で丸点(朱色)で示す「イトヒバ」(左)と「チャボヒバ」(右)の2本は剪定できませんでした。
ヒバ類は寒い時期の剪定を避けたほうが良いようですので、来年6月に先送りです。

剪定してスッキリしましたが、毎度のことながら手間と時間がかかりました・・・
過去のブログ記事を確認すると、10月初めから剪定を始めています。
ちょうど二ヶ月間。
雨天等でできなかった日もありますので、月20日として、20日×2ヶ月×1時間=40時間かかったことになります。

終日作業したとすれば、40時間÷8時間=5日。
植木屋さんにお願いすれば、5人工の日当2万円で10万円。経費を加えて15万円程度でしょうか。

庭木の剪定は体力を必要とせず楽しい作業なのですが、忙しい今日、時間的な負担を感じています。
負担軽減を図るためにも、老木を中心に伐倒(→薪として利用)・更新することも考えていかなければ・・・

さて、剪定は終わりましたが、まだ仕事は残っています。
剪定した葉っぱや枝を片付けなくてはなりません。

img_4546

葉っぱなどの回収には、下写真の大きな竹かご(倉庫にあった骨董もの)が具合良く、これを使っています。

img_4547

畑に運んで、里芋が冬を越せるように「葉っぱの掛け蒲団」を掛けてあげましょう(^_^)

img_4682

最初の頃に剪定したものは、すでに嵩が減りつつあります。

img_4667

同じように畑に運んで、畝に敷きます。

img_4684

こちらでは、以前、種を蒔いたソラマメが大きくなっています。
ソラマメはこの状態で冬越ししますので、葉っぱが防寒服となるわけです(^_^)

さらに春夏になると天然のマルチシートして雑草を防いでくれ、いずれ腐れば畑の肥やしになります。
見映えをよくするだけの剪定では徒労になりかねませんが、こうして利用することで、現代にあっても庭木の存在が活きてくるのではないかと思っています。

庭木の剪定(9)サザンカ

昨年の11月下旬まで朝活(早起きして1時間作業)として庭木の剪定をおこなっていました(下写真は完了後の様子)。

冬の間は樹木も成長しませんので、4ヶ月経った今も剪定直後の状態が維持されています(下写真)。

変わったところと言えば、11月下旬にはまだ緑が残っていた芝(日本芝:高麗芝)が休眠期で茶色く枯れた状態になっています。

ちなみに、芝が張ってあるところは元々は砂利敷きだったのですが、そのときは里山から吹き飛ばされてくる落ち葉(主に竹)の掃き掃除で大変な思いをしていました。
里山の整備により落ち葉自体が大幅に減ったこともありますが、芝生にしたことで落ち葉があっても目立たなくなり、結果、ほとんど掃除しなくても済むようになりました(上写真は掃除していない状態)。
また、掃除をするにしても芝生の場合は熊手を使ってサッと掻き集めることができて楽チンです(砂利敷きの場合は熊手が使えないため意外と面倒です)。
ただ、手間の面では芝生は夏場の芝刈りが必要となりますので、芝生にしたことで決して省力化されたわけではありませんが、ズボラな自分にとっては適当に芝刈りしている方が性に合っているように感じています。

閑話休題。

あまり変化のない冬の庭木ですが、それでもサザンカに始まり、センリョウ・マンリョウ・ナンテン、そして春に近づき、ロウバイ、ウメ、サンシュユ、ツバキ、ハクモクレンと花を咲かせて楽しませてくれています(下写真はサンシュユ、3月18日撮影)。

サザンカは冬の間、長く咲き続けましたが、ツバキにバトンを渡すように花の時期が終わりましたので剪定することにします。

<ビフォー>

<アフター>

ビフォー&アフターでほとんど変わっていないように刈り込み鋏を使って軽く整えた程度です。
この程度の剪定で意外にも来冬までこの状態から余り変わらず、花もたくさんつけます。
以前は枝の透かしなど、若干強い剪定をおこなっていましたが、徒長枝が出て夏場にはボウボウになっていました。
サザンカに限りませんが、なるべく樹木に負担を掛けない剪定(弱剪定)をおこなうようにすれば、結果的に剪定作業も楽になるように感じています。

そして現在、満開時期を迎えているのがハクモクレンです。

たくさん花がついていますが、以前は下写真のように少し寂しい状態でした。

そして朱色の円で囲んである箇所が握りこぶしのように肥大化しています。
このように肥大化したのは毎年同じ箇所で切り詰め剪定をおこなったためですが、肥大化したところで枝はたくさん出ているものの花数は少ないことから、良い状態ではないのかもしれません。
かと言って、この肥大箇所を切り落とすのは強剪定になり樹木に負担をかけますので、1年に1箇所づつ落とし違う枝を伸ばすようにしています。

<続きます>

庭木の剪定(10)サツキの植え付け

満開のハクモクレンもアッと言う間に花が散りました。

上写真で丸で囲む箇所は握りこぶし状に肥大化(毎年同じ箇所で切り詰め剪定したため)してしまっているため、1年に1箇所ずつ切り落としています。
今シーズンはどの箇所にしようかと言うことで、朱色の箇所を切り落とします。

切り落とした肥大箇所からはたくさんの枝が出ています。
この枝の付け根で毎年切り詰めると、握りこぶし状に肥大化するわけです。

肥大化している箇所はまだありますが、樹木の負担が大きくならないよう今シーズンはこの1箇所だけにします。
まぁ、ハクモクレンは小まめに剪定しないと直ぐに大木になるほどの樹勢がありますので、大丈夫なのでしょうが。

庭ではツバキ(下写真中央)が満開になるとともに、ハナミズキ(下写真左)も開花が近づきつつあるようです。

ちなみに上写真のツバキは球形に仕立てています。
不自然な形ですので徒長枝が出て形が崩れそうなものですが、意外にもこの形で安定しています。
このように(ハクモクレンとは異なり)樹勢が穏やかで手が掛からないため、ツバキやサザンカは庭木として好まれてきたのかもしれませんね。

庭木と言えば、我が市ではこの時期に大規模な植木市が開催され、その場で生産者から購入できます。
少し覗きに行ったついでに、サツキの苗木を1株(300円)購入してきました。

と言うのも、サツキの生垣の一部が枯れて空洞になってしまっている(下写真で中央やや左)ため、そこに植え付ける考えなのです。

一昨年、隣接する道路で下水道(集落排水)工事がおこなわれたのですが、施工業者が掘削した土砂をユンボからダンプに回転・積み込みする際に生垣の上に土塊を落としてしまった結果、幹や枝が損壊しました。
そのうち復活するだろうと思っていましたが、完全に枯死してしまいました(下写真が枯れたサツキの根株)。

サツキは挿し木で増やせますし、挿し木で増やしたほうが同じ品種となり生垣が統一するかもしれません。
しかし時間がかかりますし、わざわざ1本のためにするのもどうかと思い苗木を購入しました(品種は葉が似ているように感じた「玉サツキ」を選定)。

では、購入した苗木を植え付けます。
サツキの後にサツキで厭地になるかもしれませんので、大きく穴を掘り土を入れ替えます。

違う場所の土で埋め戻して植え付け完了。

大きくなってくれると良いのですが、どのようなものでしょうね。

<続きます>

庭木の剪定(11)ツツジ

4月上旬には秋に剪定した姿のままだった庭ですが、若葉が芽吹き、すっかり景色が変わりました。

【4/14】秋に剪定した姿のまま

【5/9】若葉の芽吹き

上写真にも写っていますが、先の連休頃にはツツジが満開になりました。

たくさんの花をつけ、まさに満開です(^_^)
ところで、ツツジは花が散って間もなく翌春の花芽ができるそうです。
つまり、花芽ができるまでに急いで剪定しないと翌春の花付きが悪くなってしまうと言うことです。
もちろん剪定しなければ翌春もたくさんの花をつけますが、木は大きくなる一方です・・・。

満開だったツツジは現在、下写真の状態になっています。

まだ花の蜜を吸いに来る昆虫もいるかもしれませんが、来春も花を楽しめるように剪定することにします(^_^;

刈り込み鋏を使って表面を軽く刈り込みます。
右側が完了。

左側も完了。

表面を軽く刈り込むだけですので時間はかかりません(小さい木だと5分程度、大きいものでも2、30分)。
それでも我が家には15本以上のツツジがありますので一仕事です・・・(さらにサツキも同程度あります)。

他のツツジも同様に刈り込み、残すは土蔵前のツツジです。
このツツジはほとんど花をつけなかったのですが、一昨年から急に花をつけるようになりました。

以前は上写真でツツジの後ろ側に土塀があったのですが、それを撤去したことで風通しが良くなり花をつけるようになったみたいです(土蔵の壁も塗り替えていますので、光の反射により一帯が明るくなったのもあるかも!?)。
ちょっとしたことですが、植物は影響を受けるものですね。

そんなツツジですが、残念なことに背が高くなり下枝が枯れ上がってしまっています。

ただ、最下部から新しく株立ちしてきていますので、この部分を使って上写真で点線のとおり仕立て直すと良さそうです。

そこで、思い切って数本の主幹(背の高い部分)を根元付近で切り取ります。

せっかく花をつけるようになったツツジが・・・。

最後に刈り込み鋏で形を整えて完了(左にあるのはツバキ)。

現在は土蔵と倉庫との間のスペースに無造作に植えてあるだけですが、お隣の方から「古瓦を使って花壇のようにすると良いかも」とアドバイスをいただきました。
なるほど!いつかやってみることにしましょう!

<続きます>

庭木の剪定(12)マツ(みどり摘み)

前回、ツツジを剪定しましたが、続いてマツを剪定することにします。

マツの剪定は秋の「古葉かき(下写真)」と春の「みどり摘み」の年2回行うのが一般的で、今回はみどり摘みになります。

昨秋の古葉かき後は上写真のとおりでしたが、春になり一気に新芽が伸びました(下写真)。

この新芽を摘む作業が「みどり摘み」になります。

ところで、このマツ(アカマツ)はこの場所に自然生えした実生木で、近接して大きなアラカシがあります。
マツが大きく成長するにつれ、アラカシとの間の風通しが悪くなり、アラカシのほうに毎年、ウドンコ病が発生しています。
このためアラカシから離すように通路側に枝を誘引していますが、その高さも4mを超えるようになってきました(上写真)。

特にマツは剪定の手間がかかるため大きくしたくないのですが、若木で元気がありますのでもっと成長させてあげたいという思いもあり・・・。
そこで上写真で緑色点線で示すとおり、さらに通路側に枝を誘引していこうと思います。
いわゆる「門冠り」に近いものになり、個人的にはこのようにいじるのは好きではないのですが、やむを得ません。
高さは4m以内に収めるつもりですが、工事車両などを入れる必要が生じた場合でも通行できる高さはあると思います(ちなみに一般道路の高さ制限は3.8m)。

まずはみどり摘みから。
新芽の先を適当な長さ(1/2〜1/3)で摘み取ります。

「摘む」と言うぐらいですので本当は手で折り取るものかもしれませんが、私は植木鋏で切っています。

続いて、新たに枝を誘引する箇所に細竹を添えます(竹自体は隣接するアラカシに取り付けています)。

剪定完了です。

<続きます>

庭木の剪定(13)サツキ&ツバキ

早くも6月も下旬になりました。
旧暦だと皐月(5月)の下旬になるのでしょうが、庭木のサツキも暦通り花の時期が終わりつつあります。
サツキもツツジと同様、来年の花付きを良くするには花が終わって間も無く剪定するのが良いようです。
そこでサツキを剪定することにします(刈込鋏使用、下写真は剪定後)。

新芽が固まったツバキやツゲも、ついでに剪定しました。
上写真に写っているキンモクセイも新芽が伸びてボウボウになっているため剪定したいところですが、初秋に例の香りを楽しむため放っておくことにします(花後に剪定予定)。

裏庭のサカキやツバキなどもザッと刈り込んでおきます。

我が家の庭木は老木が多く、既に一定の樹形に落ち着いているため、剪定は軽く刈り込んで現状を維持するものがほとんどです。
新たに仕立てているのは先般剪定(みどり摘み)したマツと、下写真のサザンカぐらいです。

このサザンカは自生したもので、3年前の冬は下写真のように1箇所から放射状に数本の枝が出た状態(車枝)になっていました。

このまま自然に任せて成長させたいところですが、満員御礼状態!?の庭ですので、この程度の大きさ(樹高約2m)で抑えざるをえません。
そこで、この高さで芯を止めて「玉散らし」の形に仕立てるべく、これまでに車枝の整理を行ってきました。
そして、今回初めて刈り込んでみます。

こんなものでしょうか。
次年以降も同様に刈り込むだけですむので負担になりません(剪定に10分もかかりません)。

続いて、サツキの垣根を刈り込みます(下写真は剪定後)。

下水工事の影響で枯れた木の箇所には、今年4月に苗木を植え込んでいます。

その苗木はこのところの日照りで葉が萎れ気味ですが、ちゃんと花を咲かせていましたので根付いていることでしょう。

剪定によりたくさんの枝葉が生じますが、それらは畑の被覆材(腐れば堆肥)として利用します。

剪定自体は面白くも楽しくもない作業ですが、タダで最高の被覆材や堆肥を得られると思うと俄然やる気になります(^_^)

さて、この時期の剪定で残すはマキの垣根となりました。

昨年10月に剪定していますので軽く刈り込むだけなのですが、延長が50mもあって一仕事になります・・・。

<続きます>