カテゴリー別アーカイブ: きつくり(庭木の剪定)

きつくり(庭木の剪定)

先週末(2、3日)も草取り&草刈り三昧の週末でした・・・

土曜日は、庭や玄関アプローチの草取り。

img_4186

写真は除草後ですが、この苔庭は7月以来の草取りです。
他のところは隔週で草刈りしていることを考えると、除草の手間が本当に省けています。

日曜日は、敷地内(主に畑の周囲)を刈り払い機を使って草刈り。

img_4207

ほぼ隔週で行ってきた草刈りも今シーズンはこれで最後(の予定)です。

来週の日曜日は、田んぼの出会い作業(年3回、草刈り)がありますが、こちらも今シーズン最後です。
現在、夏草の多くは種をつけてはいるものの、まだ熟してはいません。
出会い作業や道路の除草作業の時期に注意してみると、なるほど適切な時期に行っているのが分かります。

草刈りのあとには、雑草対策としてクローバー(白詰草)とレンゲ(蓮華草)の種をばら撒いておきました。

img_4206

草刈りのシーズンが終わり、いよいよ本腰を入れて古民家の改修(現在は薪ストーブの導入)をやれると思いきや、10月に入れば庭木の剪定が待っています・・・

今では植木屋さんに頼むことが多くなった剪定ですが、昔は当地の方言で「きつくり(木作り?)」と呼び自分たちで行っていたそうです。
私も3年前から自分で行っており、少しは要領を得るようになりました。
しかし、朝活(早起きしての1時間を使用)として毎日少しずつしかできませんので、早くても10月一杯はかかりそうです。
(11月になると日の出が遅くなり、朝活での作業ができなくなります。)

こちらが、これから剪定を行う庭木(剪定前)です。
(まだ、裏庭や生垣もあります・・・)

img_4210

大きい木がありますが、この程度だと素人でも可能です。

以前は造園業者に剪定を頼んでいたのですが、そのときの様子(剪定前)が下の写真です。

dsc00075

本職に頼むともちろん綺麗に剪定していだけます。
しかし、結構なお金がかかりますので毎年頼むわけにもいかず、2年もすればこうなります。
素人なりにも毎年手を入れてあげるほうが本来の樹形が保たれるように思っています。(毎年、植木屋さんに頼むに越したことはありませんが・・・)

この庭の植木の配置です。

garden
(記名のない印はツツジまたはサツキ)

元々は後方にあるカシやモチノキ(当地では「モウチ」と呼んでいます。)が主体の田舎風の庭であったのを、祖父が昭和10年代に現在の形に拡大したそうです。
そのため、前方には日本庭園でよく見かけるモッコクやイトヒバなどが入っています。

新しい前方の木でも樹齢は70年超となりますので、後方はかるく100年は超えています。
庭木のような人の手が入ったものでも100年以上もつものなのですね。
逆に一度人の手の入った木は、その後放任すると枝が混乱して枯死してしまうそうです。

さあて、どの木から剪定していきますか・・・

<続きます>

庭木の剪定(1)開始

先般、庭木の剪定について書きました。

秋の剪定としては時期的に少し早く、今行うと冬までに新芽がでる木もあります。
ご近所でもまだ剪定しているお宅はありません。
しかし、1日に少しづつしかできませんので、早めにスタートすることにします。

こちらの比較的大きなアラカシから剪定します。

img_4212

高さ5mほどでしょうか。
樹齢は100年を超えていますが、勢いがあります。

昨秋も剪定していますので、それほどボーボー状態にはなっていません。

毎年剪定すると弱い剪定で済みますので木への負担が小さくなります。
このため徒長枝が出にくくなり、結果、剪定も楽になるように思います。

逆に強い剪定をすると、いかにも剪定してサッパリしたようにみえますが、すぐに徒長枝が伸びてしまうものです。
植木屋さんにとってはすぐに伸びてくれたほうが都合良いかもしれませんが・・・

樫の木ですので、ドングリがたくさん実っています。
庭がドングリ山になってしまわないように、剪定で落としておきます。

img_4217

使う道具は、植木鋏に剪定鋏、それと三脚脚立です。
あと刈込鋏がありますが、庭仕事で使っているのは基本これだけです。
大工仕事にはたくさんの道具があることを思うと、庭仕事は道具要らずです。

img_4219

岡恒のものですが、近所(田舎)の方は大体これを使っていますね。

三脚脚立です。

img_42202

高さ10尺(3m)のものです。
もう少し高ければと思うこともありますが、逆に大きいと取り回しが大変になりますので、この程度が使いやすいのかもしれません。

それでは、剪定開始。
容易な下からやっていきたいところですが、上からやっていきます。
下からやると、剪定し終わったところに上から枝葉が落ちてしまい、それを払うのに二度手間になってしまいます。

img_4218

カシの場合、1枝につき3枚の葉を残すように剪定すればよいのですが(三つ葉透かし)、時間がかかります。
1時間でできたのはこれだけ(上の写真で丸印の範囲)です。
1本終えるのに3日はかかりそうです・・・

<続きます>

庭木の剪定(2)アラカシ&シラカシ

先日から庭木の剪定を行っています。

こちらの大きなアラカシの木から始めました。

img_4212

朝活(朝の1時間を利用)で行っていますが、4日かかって完成。
実質4時間となりますので、半日仕事です・・・

img_4242

さっぱりしました。
あたかも自分が床屋で散髪してもらい、さっぱりしたように感じます。
春に新芽が出るまではこの状態です。
今の時期に剪定すると長い間楽しめることになります(自己満足ですが)。

他にもシラカシと、小さなモチノキの剪定が終わりました。

img_4275

シラカシも樹齢100年以上と思われますが、ひこばえや胴吹きが多く出ています。
ひこばえや胴吹きは、樹勢が衰えると多く出ると言われています。(シラカシは元来ひこばえや胴吹きが出やすい木ではあります。)
樹齢100年を超え、そろそろ伐倒・更新の時期が来ているように感じています。
ひょっとすると今年が最後の剪定になるかもしれません。

他にもひこばえや胴吹きがひどかったシラカシ(樹齢100年以上)があったのですが、剪定で木に登っているときに大きなウロの部分で折れると危険なので昨年伐倒しました。
カシやクヌギなどの広葉樹は伐っても切り株から新芽が出て再生されます(萌芽更新)。
このシラカシは老木のため萌芽更新は期待していなかったのですが、今春すごい勢いで新芽が出てきました。
庭木を萌芽更新するというのは聞いたこともありませんが、庭木も少しづつ更新していったほうが良いのかもしれません。

昨年伐倒したシラカシの木です。

img_2410

勢いがあるようにみえる枝も、胴吹きから徒長したものです。
老齢によりエネルギーのバランスが崩れてしまっているようにみえます。

伐ったシラカシは玉切りして乾燥させてあります。
この冬導入予定の薪ストーブの良い燃料になってくれそうです。
薪ストーブ愛好者のなかではナラ、カシ、クヌギが最高の薪と言われていますので、庭木にカシはアリなのかもしれません。
時代が時代なら、見て楽しんで、剪定した枝葉や畑の肥やしになり、最後に伐倒しても薪で煮炊きや暖をとれる、と最高なのでしょうね。

閑話休題。

次に剪定するのは、こちらのはモチノキ(当地では「モウチ」と呼びます。)です。
(一番うえの部分で少し剪定を始めています。)

img_4276

これも大きいので、少なくとも4日(4時間)はかかりそうです。

<続きます>

庭木の剪定(3)モチノキ&マキ垣

先日、モチノキを剪定し始めました。

5日(朝活の1時間で計5時間)かかって、ようやく終わりました。

【ビフォー】

img_4276

【アフター】

img_4327

まだまだ剪定すべき庭木はありますが、既に10月も下旬です。
焦らなくても冬の間に剪定すれば良いのですが、マキだけは寒さに弱く、叔父からも「マキは冬に剪定すると風邪をひく」と教えてもらったことがあります。
かと言って、10月中旬以前に剪定すると冬までの間に新芽が出てしまいます。
つまり、10月下旬に剪定すれば、風邪も引かず、新芽も出ないことになります。

ということで、他の木はとりあえず置いておき、マキを先行して剪定することにします。
我が家にマキは、垣根と仕立てもの1本があります。

垣根は延長約50m、高さ約2mです。
延長が何しろ長い・・・

maki_location

もともとは隣家の土地(にあった垣根)だったのですが、戦後すぐに町へ出ていかれたときに祖父が借金までして買ったそうです。
今ではタダでも要らない代物になり下がり・・・時代ですね。

ともかく定期的に刈り込まなければ大きくなる一方で、そのうち手に負えなくなってしまいます。

刈り込み前の側面の状態です。

img_4325

年2回(6月中旬と10月下旬)刈り込んでいますので、それほどは伸びていません。

上面の状態です。

img_4351

刈り込み鋏を使って刈り込むだけですが、延長が長いので10日(朝活の1時間で計10時間)はかかりそうです。

では、刈り込んでいきます。

img_4343

壁塗りと同じように平面がでるように仕上げていきます。
どうしても尻すぼみの形になりがちですので、下部は少し弱めに鋏を入れるとまっすぐな平面がでます。

側面と上面の片側しか刈り込んでいませんが、3日目でここまできました。

img_4353

上面です。

img_4352

側面は意外と手間がかかりませんが、大変なのは上面です。
樹木は上に延びようとするので上面の刈り込みが大変だというのはありますが、我が垣根の場合、幅が広いところだと1.5m以上あります。
元々は狭かったはずですが、徐々に広がっていったのだと思います。
マキも針葉樹ですので、高さを下げることはできたとしても、広がったものを狭くするのは実質、不可能だと思います。
結局、毎年の剪定が大切だというですね・・・

<続きます>

庭木の剪定(4)マキ垣&カキの木

先日から朝活(朝の1時間を利用)として、マキの垣根(マキ垣、L=50m)を剪定しています。

img_4325

約10日(計10時間)かかって、ようやく終わりました。

img_4380

makikaki

上写真の中央付近で垣根の天端が窪んでいるところがあります。
ここには昨年までカキの木があったため、その日陰になり成長が抑えられていたようです。

このカキの木は甘柿でよく実っていたのですが、道路に近接しているため、落ち葉等でご近所に迷惑をかけることがないように昨冬に伐倒しました。
太い木ではなかったのですが、幹を保管してあります。
相当古い木のようですので、挽き割れば黒柿だったりして!?

天端です。

img_4378

来年4月に新芽が出るまでの約半年は、この状態が維持されます。

マキは寒い時期に剪定すると風邪を引くと言いますので、他の庭木に先行して剪定しているところです。
マキは垣根のほかには仕立てものが1本あります。

img_4383

引き続き、この剪定に取りかかるつもりです。
こちらも垣根と同様に刈り込み鋏を使って刈り込むだけとします。
(2、3年に1回は透かしたほうが良いと言われています。)

その前に、こちらのカキの木(干し柿用の渋柿)。

img_4384

この木もご近所に近接していますので、落ち葉が少なくなるよう、落葉前に剪定して葉を少なくしておきます。

img_4385

カキは切り詰めると翌年結果しませんので、徒長枝の切り詰めや間引きを中心に行いました。

庭木の剪定(5)マキ&刈込鋏の手入れ

先日、仕立もののマキの剪定を始めました。

今回は刈り込みだけですが、3日(計3時間)かかって完了しました。

<ビフォー>

img_4383

<アフター>

img_4407

刈り込み鋏を使ったついでに、ちょうど花が咲き終わったキンモクセイも刈り込んでおきます。

<ビフォー>

img_4404

<アフター>

img_4405

3年前から円筒形に仕上げるようにしていますが、それまではドングリ形でした。

r0012476a

キンモクセイはすぐに大きくなるので、毎年の剪定がかかせません。
花の香りは良いですが、庭木としてはあまり適していないのかもしれませんね。

また、キンモクセイは花が咲いた後しばらくすると、もう一度花をつけます。
このため、2回目の花が終わったあとに剪定することになります。
そう言えば、今年は1回目がほとんど咲かなかったような・・・
この夏の少雨や秋の長雨の影響かもしれませんね。

剪定の終わった庭木です。
左から、キンモクセイ、マキ、アラカシです。

img_4410

だんだんと日の出が遅くなってきましたので朝活(朝の1時間を利用)でできるのもあと少しです。
あと1週間程度は作業できそうですので、続いて、下写真のアラカシを剪定するつもりです。

img_4414

このアラカシは我が家の庭でもっとも大きい木です。
写真で隣に写っている二階建ての離れの高さと比べると樹高は7m程度です。
この剪定にも1週間弱(計5時間程度)はかかりそうですので、朝活としてはこの木が最後になりそうです。

ところで今朝は雨降りのため、いつもの剪定ができませんでした。
こういう日は道具の手入れをするに限ります。
垣根などの刈り込みで酷使した刈り込み鋏を研ぐことにします。

img_4430

研ぎ終わったら水気をとって油をつけておきます。

img_4431

そして、以前作った剪定道具掛けに収納しておきます。

IMG_3337

手入れした道具があれば、作業も楽しくなるに違いありません(^_^)

<続きます>

庭木の剪定(6)アラカシ&カイヅカイブキ

朝活(朝の1時間を使用)で庭木の剪定を行なっています。
先日から始めたアラカシの剪定が終わりました。

<ビフォー>

img_4414

<アフター>

img_4458

このアラカシは大きく(樹高7m程度)、樹勢も強いです。
一方、二階建ての建物(上写真の右側)が近接しています。
これ以上大きくならないように、下写真の点線内に収まる樹形となるように毎年剪定を行なっています。

ararakashi

また、二階建ての建物があり風が通らないため、毎年、樹高の下半分で「うどん粉病」が発生しています。
被害を拡大させないよう、剪定で罹病した葉を落とすようにしています。

下写真で、葉の表面にうどん粉のような白いものが付着しているのがうどん粉病です。

img_4459

さて、アラカシが終わりましたので、続いてはこちらのカイヅカイブキです。

img_4455

カイヅカイブキはヒノキ科(ビャクシン属)の樹木です。
ヒノキ科だけあってヒノキに似た葉をしていますが、木を痛めるような強い剪定をすると、先祖返りしてスギのような葉になってしまうという面白い?特徴があります。
大気汚染には強いのか、国道などの中央分離帯に植えられているのをよく見かけます。
しかし、樹形が乱れ、徒長枝が盛んに出ているものが多く、さすがに劣悪な環境なのでしょうね。

さて、このカイヅカイブキも大きいです。
隣に立ててある高さ10尺(3m)の三脚と比べると、樹高は5m以上ありそうです。

ところで、この三脚では一番高いところまで届きません。
木の頂上部をどのように剪定するか?

木に登るわけですが、この木の頂上部で両手を離し刈り込み鋏を使えるものか?
実はこの木の頂上部には天然の足場ができており、両手を離して作業できるようなっているのです。

では、木の頂上まで登ります。

頂上まで登ると主屋の屋根が低く感じます。
高所恐怖症気味ですので、足がすくみます・・・

img_4464

足元は数本の太い枝が天然の足場を形成しています。
また、玉造りが腰回りをサポートするように囲んでいます。

img_4463

ちょうど建物に影が映っていますが、このような感じで立っています。

kaizukaibuki

一見危なそうに見えますが、三脚の上部で立っている以上に足元は安定しています。

この木だけでなく他の高木も同様に、頂上部には太い枝で天然の足場が形成されています。
自然とこうなったのか?、それともこのように枝を配したのか??不思議です。

三脚側から側面を刈り込んでいるとき、その頂上部に野良猫が登ってきました。

img_4481

猫は木登りが得意なだけあって、余裕の表情ですね。

このように剪定を行い、5日(5時間)ほどかかって終了しました。

img_4534

下写真は、左から剪定済みのマキ、アラカシ、カイヅカイブキです。

img_4535

大きい木は、残すところ2本(モッコク、チャボヒバ)となりました。

<続きます>