節分に柊を飾る(一輪挿しの改良)

昨秋、竹(ハチク)の花(120年ぶりに開花)を町の文化祭に出品するため一輪挿しを作りました(自宅裏の竹と、伐採した庭木を利用)。

文化祭への出品と言う当初の目的は果たしましたが、せっかく自作したものなので日常の生活において一輪挿しとして使い続けたいと思っています。
ただ、文化祭のときは竹の花だったため問題なかったものの、切り花などを生けるには竹筒のなかに水を張る必要があります。
こうした場合、試験管を用いるのが定石で、竹筒内に入るサイズの試験管(φ15×150mm)を購入しました。

水を替える際に試験管を取り出しやすいように、試験管の頭が竹筒から僅かに出る寸法で竹筒をカットしています。

上写真で一輪挿しに生けてあるのは榊です。
神棚に榊を供えるのに里山で採取してきたものが余ったため、一輪挿しに生けて予備用にとっておくことにしたのです。

一輪挿しは2個あるため、もうひとつは玄関内にあるスリッパラックの上に置くことに。
以前作った、手すり(竹製)や傘掛け(竹を一部使用)とともに竹尽くし。

こちらの一輪挿しには庭の柊を生けてあります。
地方によっては節分に鬼払いとして、柊に鰯の頭を挿したものを飾るところがあるため、それに倣ってみました(鰯の頭は来客者がビックリしそうなので省略)。
今後、この一輪挿しには月替わりで季節の植物を生けていくと面白そうです。
季節の植物と言うことで、1月は門松(竹)、2月は柊ときて
来月の3月は??
やはり桃の節句からモモの花が良さそう。
モモは果樹として畑に植えてあるので、それが使えます。
4月は??
花祭り(灌仏会)関連で、シキミ、または卯の花(ウツギ)でしょうか。
いずれにしても、一輪挿しだと私のような生け花の素養がないものにとってハードルが低く、家の中でも季節の植物を楽しめそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。