庭の整備(71)外灯設置③縁石&積み石施工

外灯を設置すべく、前回、電気ケーブルを敷設しました。

電気ケーブルを敷設したのは下図の朱色線で示すルートになりますが、ケーブルの防護及び埋設位置を示す標識にもなるようにケーブル埋設箇所の上部に縁石を設置する計画です(下図で青色線)。

縁石については、2年前の春にアプローチ側を整備していますので(上図で緑色線。下写真)、今回それに続ける形で設置し、最終的に井戸の周辺が縁石で囲われるようにしたいと考えています。

それでは既設の縁石に続けて玉石を据え付けていきます。

玉石は自宅敷地内にある適当な大きさのものから、平らな面と、その一辺が直線になっているものを選んでいます。
また、据え付けはコンクリートを用いたり、基礎を作ったりせず、単に玉石を土中に埋めているだけです。

ここの縁石は通路(砂利敷)との境界になりますが、やはり縁石があると見た感じも引き締まって良いものです。

同様にして、とりあえず下写真の状態まで縁石を据え付けました。

縁石は上写真で手前側にある雨水排水路まで設置するつもりですが(上写真で朱色点線)、それには雨水排水路の側面をどうするか決めておかなければなりません。
現状は上写真のとおり土羽になっていますが、高低差が大きいこともあって、土留めとして積み石にしようと思います(下図で朱色丸印)。

実は、この反対側の側面は既に積み石になっています。
6年前に外便所を解体・撤去した際に施工したのですが、その時の様子が下写真です。

6年前、いつかは反対側(今回施工するところ)も積み石を行い、あわせて井戸の周囲を整備したいと思っていたのですが、ついにそのときがやってきました!

まずは準備として水糸を張ります(排水路の幅:45cm。積み石の天端高:反対側の積み石と同レベル)。

この水糸に合わせて玉石を積んでいきますが、平行して井戸水のパイプ(VP13A)が埋設されていますので、パイプ(下写真で灰色のパイプ)に損傷を与えないように実際の位置を確認しておきます。

土羽に対してゴボウを挿すようにして玉石を積んでいきます。
そして、石積み完了。

縁石と同様、見た感じが引き締まります。

生えていたコケを石積みに伴い一時撤去しておきましたので、それを全体にバラけるように戻しておきます(完了後の写真は撮り忘れました・・・)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。