庭の整備(69)外灯設置①計画

昨秋、下写真の流しで井戸水を使えるようにしました。

ブログ記事にはしていませんが、その後、手元にあったレンガを使って下写真のとおり流しから落ちる水が水路へ排水されるようにしました。

これはこれで良いのですが、気になっているが上写真でも流しの後ろに写っているCD管(オレンジ色の合成樹脂可とう管)です。
CD管には電気ケーブル(VVF1.6×2C)が収められています。
将来、ここに井戸の揚水ポンプを設置する計画で、その電源を確保するため、昨秋に水道パイプを敷設するついでに埋設しておいたものです。
土中に埋設してある部分は良いのですが、CD管は耐候性がないため(材質:PE、PP)、上写真のように露出している部分はいずれ紫外線でボロボロに劣化してしまいます。
早いうちに何らかの形で養生しておかなければなりません・・・。

ところで、ここに井戸ポンプを設置するのは早くても1年以上先になるかと思います。
一方、せっかく電気を引いてあるのですから、その電気を利用してポンプ設置に先行して行いたいことがあります。
それは外灯の設置です。

外灯については、父が亡くなって間もない頃(8年前)に母から「家の外が暗いため外灯を設置してほしい」と頼まれました。
家の中で照明を点けて生活しているのだから、窓から漏れる光で多少は明るいのではないかと思ったものの、実際に確認してみると真っ暗・・・。
とても人が生活しているような気配を感じないのです。
新聞か何かで目にした「田舎の古くて大きい家に高齢の女性が一人住んでいる情景が、現代日本の田舎の現状を象徴している」と言う一文を思い出さずにはいられませんでした。
そのときに外灯を設置しようかとも考えたのですが、その前に、なぜ家の中で照明を点けているにも関わらず真っ暗なのか調べたところ、直ぐに原因が判明。
玄関とLDKとの間には下写真(写真は昨年、木製梯子を自作したときに撮影したもの)のとおり光を透す格子戸が入っているにも関わらず、その前に食器棚が置かれていてLDKの照明の光を塞いでいたのです。

そこで、食器棚は下写真(写真は昨年、固定具を取り付けた時に撮影したもの)の壁前に移動しました。

その結果、屋内の光が外に漏れるようになって一件落着(下写真:玄関の照明を点けていなくても玄関外が少し明るい状態)。

こうして玄関前については多少明るくなったものの、我が家の長いアプローチは暗いままで、夜間の来客者にとって歩きにくい状態が続いています。
昨冬アプローチに敷石(延べ石を再利用)を仮置きしていた間も、来客者がつまずかないようにホームセンターで売っている安価なソーラー式ライトを警告灯として置いておきました。

このようなソーラー式ライトは電気配線も不要で良いのですが、外灯としては光量が不十分です(さらに写真のものは1年程度で外装のプラスチック部分が劣化してしまいました)。
そこで、先の電気ケーブルを兼用する形で外灯を設置しようと言うわけです。
外灯用の照明器具は2年前に整備した門柱(上写真。米搗き臼の支柱を再利用)を台にして設置すると良さそうです。
ただ、ケーブルを立ち上げてある場所(井戸ポンプ設置予定箇所)から少し距離があるため外灯設置箇所までケーブルを延長する必要があります。
それには井戸ポンプ設置箇所にケーブルの分岐箇所(ジョイントボックス)を設け、そこから外灯まで下図で朱色点線のとおりケーブルを延長すれば良いです。

しかし、実際には庭木などがあって上図のように最短ルートで敷設するのは難しいです。
また、除草の負担を軽減するため、井戸の周囲についてコケを植栽して坪庭のような感じに整備したいと考えています。
そこで、コケの植栽エリアを下図で緑色着色箇所のとおり設定し、その縁を沿わす形でケーブルを敷設することにします。

ところで、ケーブルを地中埋設することで怖いと思っているのが感電事故です。
ケーブルはCD管等で一定防護されているとは言え、何らかの作業で誤ってケーブル(100V)を破断、感電するかもしれません。
コケ植栽箇所の縁には縁石を設置する計画ですので、その縁石の下に電気ケーブルを埋設することで縁石をケーブルの防護材、そして埋設位置を示す標識にしようと言う考えです。
また、縁石に沿って雨水が排水されるようにし、雨水が井戸に流れ込むのを防ぎたいとも考えています(→井戸側の土が崩壊するのを防止)。

庭の整備(69)外灯設置①計画」への7件のフィードバック

  1. ぼたんや

    長方形の石、以前に拝見していました。
    デカイ!と思っていたのですわ。
    いやいや、敷地(お家も)が大きいと大変!

    ウチもね、自作待合の街灯?を右から左へ(現関門の方へ)移動させたら、最近に鹿威しを設置した辺りが明るくなりました。
    あ、里山さんとこと規模が全然違いますよ。
    配置を考えて、出来るだけ少ない数の灯りでと思っています。
    今はLEDですので電気代を気にせずに夜11時頃まで点灯しています。
    https://botan911.exblog.jp/29201239/

    私も待合に付ける灯りの電源を玄関のコンセントから引いたのですが・・
    100Vの、太いビニールを被った線を工事用の筒上のカバーに入れて地中に埋めました。
    これ耐久性は、どうなんですかね?
    https://botanya911.blog.fc2.com/blog-entry-3764.html
    https://botanya911.blog.fc2.com/blog-entry-3763.html
    https://botanya911.blog.fc2.com/blog-entry-3758.html
    https://botanya911.blog.fc2.com/blog-entry-3761.html

    連コメ失礼しました。

    返信
    1. 里山古民家 投稿作成者

      灯りがあると庭が一段と映えますね!
      筒状のカバーですが、ブログ記事を拝見するとPF管だと思います。
PF管は一定の耐候性があるため、私も本当はCD管ではなくPF管を使いたかったのです。
PF管は性能が高い分、当然高価です。
      我が家の場合、ほとんどが地中埋設になるためケチって安価なCD管にしました。
      ところで、夜11時まで点灯されてみえるとのことですが、タイムスイッチで自動制御されてみえるのでしょうか?

      返信
  2. ぼたんや

    現関門→玄関門
    筒上→筒状
    に、訂正いたします。
    失礼しました。

    返信
    1. 里山古民家 投稿作成者

      こんばんは。
      さすが使い勝手が良いようにしてありますね!
      タイムスイッチはコンセントのところに入れることができますが、そうすると、せっかく増設したスイッチが無駄になってしまうので勿体ないですね。
      最近は自宅のイルミネーションで需要があるためか、コンセントにつけられるタイプのタイムスイッチが安く市販されています。
      以前のブログ記事にも書きましたが、私は、それを使ってトイレの暖房を24時間制御しています。

      返信
  3. ハイハイ

    こんにちは、やはり当家も、夜間玄関先はとても暗いです、玄関灯があるのですが、点ける習慣がないため、離れに住んでいる私は、夜母屋に行くときはとても暗いです。それで玄関灯の代わりにセンサーライトをリサイクルショップで購入してあるのですが、まだ付けておりません。前の記事であったファンヒーターですが私のものを見たら、94年製でした、掃除、修理してまだ現役です、またコタツですが20年以上前のもので、温度ヒューズを3回替えてますが、まだ現役です。話は変わりますが、先日楽天モバイルを契約してみました、ところが首都圏なのに、山深い為か電波が全然入らず(予想はしていた)、WIFIのみの運用です、無料なので数か月待ってみようと思います。

    返信
    1. 里山古民家 投稿作成者

      こんばんは。
      楽天モバイル、契約されましたか!
      実は私も母のソフトバンクを楽天モバイルに乗り換えました。
      スマホと言っても母のようにメール+αの使用であればデータ使用量は1ギガ未満のため、まさにゼロ円スマホになりましたよ。
      メール+αのような利用者にとって、これまでのスマホの料金体系は非常に厳しいものがありましたが、それを楽天が崩してくれましたね。
      ドコモほか2社は格安料金プランを出しても店頭では扱わないとのことですので、まだまだ老人を喰いものにするつもりなのでしょう。
      回線の状態については、我が家は楽天回線エリアから微妙に外れていますが、ネットもストレスなく使えています。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。