自然農:畑の様子と果樹の幼木

下写真は現在の畑(自然農)の様子です。

至るところに自生しているダイコン(上写真で黄緑色の葉)の間でブロッコリー(播種したもの)などの冬野菜が育っています。
その後ろで花を咲かせているのはキクで、秋の畑を鮮やかにしています(キクが咲く前はコスモスが咲き誇っていました)。

このキクは元々は亡き父が栽培していたもので、自然農に切り替えて一旦消えかけたのですが、再び元気になってきたのを見て株分けして増やしました。

キクと言えば、今年の初夏にタマリュウを移植したあとに植えたマリーゴールド(キク科)も満開になっています(水路のヒメツルソバも満開です)。

マリーゴールドの後ろには同じくキク科のゴボウ(自生)の葉が写っています。
自然農に切り替えて土壌がキク科に適した状態に遷移しているように感じますが、キク科だけでなく全体的にも良く育つようになってきています。

自然農に切り替えて4、5年は多肥を要するナスやハクサイは夢のまた夢のような状況が続きましたが、今夏は漸くまともなナスを収穫できるようになりました。

下写真は自家採種するために残してあるトマトのような形をしたナスです。

ナスと言えば、自宅からは離れたところですが、信号待ちのときに見られるナス農家の畑があります。
10年ほど前は、それは見事なナスがたわわに実っていて、指をくわえて眺めるほどでした。
しかし、年々生育状況は悪くなる一方で、今年はほとんど売り物になるものがないのではないかと思うような感じでした(それでも我が家のナスと同じくらい)。
私のような素人は、ナスは接木苗を用いて化成肥料をたっぷり与えておけば良いと思ったりするのですが、そうは問屋が卸さないようです。
10年間の単作、化成肥料の連続使用により肝心の土が死んでしまっているのかもしれません。
全くお節介な話しですが、私なら2、3年間、草生で冬はソラマメ、夏はダイズを栽培して地力の回復を図りたいです。

閑話休題。

花卉や野菜の調子が良くなってきていますが、実は一番元気が良いのは果樹の幼木です。
接ぎ木をするため、その台としてウメ(モモなどの台木)、ナシ、ユズ(ミカンの台木)、カキを播種・畑へ移植しました(下写真は今年4月。ウメとナシの発芽)。

それが1年も経たぬ間に身長と同じぐらいの高さにまで成長しています(下写真はウメ)。

まあウメは種が大きいから有り得るとしても、ナシ(下写真)も同じぐらい成長しているのです(ユズやカキは10〜20cm程度です)。

それも畑に移植した、ほぼ全てが活着して大きくなっています。
夏の間は雑草に覆われていたため徒長気味のところがありますが、逆に雑草に覆われていたことで虫に葉を喰われずに済んでいます。
特にユズなんかはイモムシに丸裸にされてしまうものですが、雑草に覆われていることで蝶々に見つからないようです。
蝶々に見つからないぐらいですので、当然人間が見つけるのも難しいぐらい自然農の畑は渾然としています(特に夏の間)。
畑は自然に任せるため良いとしても困っているのが保管している種子の管理です。
ゴチャゴチャになっているため在庫があるのにダブって買ったり、自家採取したものを播き忘れたしてしまうのです。
きちんと管理できるように次回、種子の保管箱を作ることにしたいと思います。

<続きます>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。