庭の整備(41)石柱の活用策とコロ運搬

前回、睡蓮鉢として利用するため長年放置されていた米搗き臼(陶製)を移設しました。

亀裂から僅かな漏水が確認されるため、当面、水を張った状態で様子をみることにしています。
このため、睡蓮を植え付けるのは来春以降になりそうな状況です。

ところで、米搗き臼について以前にネットで調べたところ、実際の使われ方を示す写真を見つけました。


株式会社クボタ「田んぼの総合情報サイト:くぼたのたんぼ

この写真に杵を上下させるための石製の支柱が写っていますが、これも敷地内にあることがわかりました(この写真を見て初めて用途を知った次第です)。

臼だけでなく、この石柱も何らかの形で活用したいと思っています。

話は変わりますが、今春、玄関のアプローチに敷石(石畳)を整備するとともに、敷石の際まで芝生を拡張しました。

除草の負担軽減にもなって良かったと思っていたところ、ひとつ問題が発覚!
と言うのは、以前は郵便配達の際、玄関前にある郵便受けのところまでバイクで乗りつけることがてきたのですが、敷石を整備したことで郵便配達員の方は手前でバイクを降りて敷石を歩いて郵便受けのところまで行かなければならなくなったのです。
自分のことばかり考えていたら、この有り様です・・・。

そこで、郵便配達員の方がバイクから降りることなく投函できるよう、敷石の手前に郵便受けを移そうと思います。
敷石はさらに延伸する考えですので、これを見越して下写真の朱色で示す位置に郵便受けを設置すると良さそうです。

この手前は自動車が通る砂利道で広さもありますので、バイクでもUターンしやすいでしょう。

郵便受けは地べたに置くわけにいきませんし、バイクに乗ったまま投函しやすい高さに設置するには支柱などで立ち上げる必要があります。
支柱は根入れするとしても、安定させるには基礎を設けたほうが良いです。
その基礎として何か良いものがないかと考えて思いついたのが、先の石柱です。

郵便受けの基礎としてはこれほど大きいものは必要ありませんが、この場所なら門柱を兼用できそうです。
通路を挟んで反対側には現在、門冠りに仕立てている最中の松があり、その対として門柱が欲しいと思っていたのです(丸太でも立てようかと思っていました)。

石柱を活用できることになるため、早速にでもここに据え付けたいところです。
しかし、問題はこのような重量物をどうやって運搬するかです。
おおよその重さを掴むため、サイズを計測して体積を算出します。

800mm×380mm×200mm=0.0608m3

御影石(花崗岩)の比重を2.6とすれば、重さは158kg(=0.0608m3×2,600kg/m3)になります。

一人で持ち運べる重さではないため、どうしてもトラッククレーンや台車などを利用することに考えが向かいがちです。
しかし、敷地内などの狭いところで案外融通が利くのが原始的に丸太のコロを使う方法です。
古人はコロを使ってピラミッドや城郭の巨石を運んだことを思えば、158kgぐらい楽勝のハズです。

と言うことで、石の下に丸太を挟み込んだうえ、後ろから押して少しずつ動かしていきます。

私のような非力でも重い石を動かすことができ、本当にコロの発見は偉大だと実感します。

敷石や砂利敷きのところは合板を敷いて丸太を回転させやすくして移動。
そして無事、目的地に到達しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。