井戸の再生(38)架橋ポリエチレン管敷設

前回、下図の床下点検口2を設置しました。

<床下点検口2>

今回、この床下点検口からパイプ(給水管&給湯管の2条)を挿入して敷設することにします。
パイプについては、昨年にボイラー(ATOウッドボイラー)を導入する際、架橋ポリエチレン管(13A)を1ロット(50mで約1万円)購入しましたので、その残りを使います。

<架橋ポリエチレン管とスタッド:昨年に施工したもの>

架橋ポリエチレン管自体は可とう性がありますが、ブレ止めのために添えるスタッド(軽天材)には可とう性がありません。
つまり、床下点検口から入れられるスタッドの長さには上限があることになります。
その最大値を床下の断面図(開口サイズ及び床下高)から求めると924mmとなります。

一方、床下点検口間の距離は約2.5m(床下点検口1〜2)及び約1.4m(床下点検口2〜3)と、スタッドの長さ(max.924mm)を超えます。
そこで、複数のスタッドを下図のとおり繋いで所定の長さにすることにします。

820mmまたは660mmのスタッドを床下に入れ、これらを床下で連結して2.5mまたは1.4mにするわけです。

スタッド同士を繋ぐためには連結板が必要になりますが、本来スタッドはこうした使い方をするものではないため専用のものは市販されていません。
自作せざるを得ず、いつものトタン板(GL生地)を使って作ることにします。

スタッドの断面形状は先の写真のとおり角形で、今回使用するもののサイズは45mm×40mmです。
このため、連結板の形状は溝形(幅:42mm、高さ30mm)とし、この展開図をトタン板に罫書きます(3個分)。

カットして組み立てます。

これをスタッドに対してタッピングでビス留めし、スタッド同士を連結させるわけです(修理・交換等で取り外すことを考慮してビスを使用)。

準備が整いましたので、スタッドに架橋ポリエチレン管を固定したうえ床下に挿入していきます。

架橋ポリエチレン管の固定に以前は電気工事などで用いられるロックタイを用いました。
しかし、ロックタイは幅が狭いため、締めると架橋ポリエチレン管の保護材(上写真でピンク色のもの)に食い込んでしまうのです。
幅広のものがないかと探したところ「ビックタイ」(幅20mm)と言う商品名のものを見付けたため今回はこれを使用しています。

スタッド1個(820mmまたは660mm)分を挿入すれば、次のスタッドを床下に入れて両者を連結します。
そして奥に送りつつ、スタッドに架橋ポリエチレン管を固定していきます。

同じ手順を繰り返し、床下点検口1〜3の区間へのパイプ(給水管&給湯管の2条)の敷設が完了。

こうしたマニュアル的なものがない作業は、事前に綿密な計画を立てたとしても実際に上手くいくかはやってみなければわからないものです。
そんなことで無事敷設できてホッと一安心です。

<続きます>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。