耕作放棄地の再生(12)ハゼの木の薪

前回、隣地にせり出しているハゼの木(下写真中央の落葉樹)を伐倒しました。

<伐倒前>

<伐倒後>

このままでは夏に草刈りができず草や蔓がはびこってしまいますので、玉切りや枝をバラして片付けます(処理したものは薪ストーブなどの燃料として利用します)。

まずは玉切りから。

切り口の中心が黄色くなっていますが、ウルシ科であるハゼなどの樹木は樹心が黄色(赤身ならぬ黄身!?)という特徴があります。
黄色の樹心を確認できたことで、この樹種はやはりハゼで間違いないようです。

さらに黄色(樹心)の様子を見てようと割ってみるものの、樹心が小さい・・・。

ところで「黄色(きいろ)」という名は「木色(きいろ)」から来たのだと思いますが、実際にこのような黄色の樹木は少ないように思います。
冬に赤い実をつけるナンテンも切り口が黄色いことを思い出しますが、身近なところではこれぐらいではないでしょうか(ネットで調べると「グミ」も黄色とのこと)。

さて、ウルシ科のハゼであることがほぼ確定したわけですが、ウルシ科の樹木は薪として使えるものでしょうか?
ネット上には「ウルシは燃やした煙を吸うだけでかぶれる」との情報もあります。
まあ、ハゼはウルシほどは毒性が強くなく、また生木を燃やすわけではありませんので大丈夫だとは思いますが、念のため他の薪とは区分して保管・使用したほうがよさそうですね。

そんなことで玉切り完了。

ある程度太さのある枝も焚き付け用にするため持ち帰ります。

細い枝は草刈りの邪魔にならない程度にバラして、田面にばら撒いておきます。

これで隣地にせり出していたハゼの木の伐採が完了しました。

ところで、このブログ記事は遡って書いており、伐倒したのが3週間前、今回の記事の玉切りや枝のバラシが2週間前になります。
3週間前の伐倒後はなんともなかったのですが、玉切りや枝のバラシ作業の数日後に両手首が痒くなりました(下写真で少し赤くなっているところ)。

まさにかぶれてしまったわけで、身をもってウルシ科のハゼであることが確認できました・・・。
私は生まれてこのかた(約40年)山の中!?で育ったようなもので耐性がありますが、酷い症状になる場合がありますのでくれぐれもウルシ科の植物にはご注意を。

<続きます>

耕作放棄地の再生(12)ハゼの木の薪」への2件のフィードバック

  1. おさむらい

    ハゼの木を薪として使用する為に
    ネット検索していた所ヒットしました

    よく「薪に使用してはならぬ」と
    ありますが実際、乾燥させガラス窓で
    遮蔽された薪ストーブ内で燃やすので
    問題ないのでは?と思っています。

    使用された乾燥は如何でしょうか?

    乾燥させると軽くなるのでしょうか?
    杉と似た感じの燃焼時間でしょうか?

    ハゼはよく倒木はされていて
    入手は容易なので薪を山から
    頂戴してきてしている身としては
    出来れば使用していきたいのが本音です。

    返信
    1. 里山古民家 投稿作成者

      コメントいただきまして、ありがとうございます!
      ハゼの木を薪にすることについて、余り無責任なことは言えませんが、乾燥させたものをストーブ内で燃やすわけですから問題ないと思います。

      実際に薪として燃やしても特段何か異変を感じることはありませんでした。
      それよりも注意すべきは伐採時や玉切りする際で、直接接触しないように手袋や長袖の着用が必須かと思います。

      ハゼは成長が早いだけあって密度が低く、結果、火持ちも悪いです(太いものにある芯材の赤身ならぬ黄身は密度が高いです)。
      
スギ並みの火持ちで、火力はスギよりも弱いと言った感じでしょうか。
      薪としては最低ランクなのでしょうが、私自身はハゼでもウルシでも積極的に薪として利用したいと思っています。


      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。