耕作放棄地の再生(1)2016年

里山の整備に加え、一昨年末から耕作放棄地の再生にも取り組んでいます。

この耕作放棄地は、もとは水田(約1反)で、平成の初め頃までは地元の方に耕作していただいていました。
しかし、典型的な谷津田(当地では「山田」と呼びます。)で、水利が悪く、耕地整理もされていません。
そのため、作り手がいなく、耕作放棄の状態で二十年以上が経過しています。

我が家の田んぼは平野部のものがメインということもあり、私自身、この耕作放棄地の存在はなんとなく知っていたものの行ったこともなければ見たことさえないという有り様でした(町内なのですが・・・)。

下写真は、父が亡くなり、相続登記する際に初めて現地を確認したときの様子です(朱色の線で囲んだ箇所が我が家の水田です)。

stove1-29

田面は背丈以上の篠竹などが密集し、とても中に入ることができません。
隣接する山側からは枯竹(孟宗竹)が倒れ、そこに蔓が覆って収拾がつかない状態です。

stove1-31

隣の水田は耕作されており、迷惑をかけているのだろうと思いつつも、なかなか余裕がなく見て見ぬ振りの状態が続きました・・・
そして、一昨年に主屋の改修工事ができ、少し余裕ができたことから、その年の年末に生い茂った篠竹やセイタカアワダチソウなどの草刈りから始めることにしました。

<2015年12月29日>
朝一から刈払機を使って手前側の篠竹から刈り始めました。

IMG_2598

刈払機は農業用の比較的パワーのあるものですが、悲鳴をあげます・・・

丸一日、刈払機を回し続け、下写真の状態までできました。

IMG_2602

<翌30日>
奥に進むにつれ、篠竹に代わり野イバラのジャングルになってきました。

IMG_2610

野イバラは茎(根元部分)が腕ほどの太さになっているものもあり、刈払機がさらに悲鳴をあげます・・・

この日も一日、刈払機を回し続け、下流側の田んぼまで見通せる状態となりました。

IMG_2616

<翌31日>
この日は大晦日ですので、半日だけ作業。
山側から枯れ竹が倒れてきている箇所を除き、ひととおりの草刈りが終わりました。

stove1-32

<2016年1月10、11日>
年が替わり(昨年)、週末に作業再開。
20年以上の耕作放棄により田んぼのなかにまで雑木が生え大きくなっていました。
下写真の木(樹高5m程度、胸高直径20cm程度)と同じぐらいの大きさのものが田んぼのなかに計4本あり、伐り倒すことにしました。

IMG_2698

伐倒しても、巻きついている蔓を取るのに一苦労です。

蔓は鉈でバラして腐りやすいようにし、木は玉切りしてその場に積んでおくことにしました(玉切りしたものは薪にするため今年になって引き上げてきました)。

IMG_2699

<1月23、24日>
山側から枯れ竹が倒れてきている箇所を整理することにしました。

IMG_2750

こちらも蔓がはびこっています。
さらに竹が孟宗竹で太く重いため思うように作業が進みません。

枝を払うのはあきらめ、伐ったものはそのままの状態で田んぼのなかに積んでおくことにしました。

IMG_2757

山側から倒れてきている竹はまだまだあってキリがありません。
とりあえず山裾部分は今後、草刈りできる程度にはなりました。

IMG_2755

このシーズンの作業はここまでとしました。
翌シーズンの作業までの間、定期的に草を刈り、現状を維持することにします。

stove1-33

<続きます>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。