自然農 ダイコンの種播き(2)

この夏は本当に雨が降りませんでした。
8月も終わりになり、ようやく台風の影響で雨が降りました。

これからは秋雨前線による長雨の時期に入ります。
この長雨をもらうことで、冬草が芽生え成長します。

一方の夏草は既に種をつけ始めていますので、勢いのピークは越えたのでしょう。

夏草の勢いが弱まったこの時期に、冬草に先行して冬野菜の種を播くことになります。

ニンジン(秋蒔き)も今の時期に種を蒔きます。
昨年の今頃に種を播き、収穫せずにそのままにしておいたニンジンは、初夏に花を咲かせ、いま種をつけています。

初夏に花が咲いていたときの様子です。

IMG_1806

白くレースのような花です。
観賞用としてニンジンの花を一面に咲かせるのも良いかもしれませんね。

現在は、このようにたくさんの種をつけています。

IMG_3910

これは刈り取った状態ですが、刈り取らずにそのままにしておけば、風で種が飛散し秋雨により自然と発芽するわけです。
本当に自然はうまくできているものです。
ニンジンの野草化も可能性あり???

ただ、場所だけは変えたほうが良いので、刈り取って畑に置いてありました。
そうしたところ雨で濡れてしまい・・・
そこでニンジンはひとまず置いておき、ダイコンの種を播くことにします。

ダイコンを蒔くのは、こちらの畝です。
先ほどのニンジンを刈り取ったところです。

IMG_3908

作業に支障となる草(野草化しているシソなど)は軽く刈り取り、そのまま畝に置いてあります。
写真の手前は、春に自然生えしたニンジンです。

今回蒔く種は今春に採種したものです。
(一代交配種から採種したものですので、スーパーで売っているようなものは期待できません。)
ピンボケしてわかりにくいですが、殻のまま保管してありました。

IMG_3925

手で殻を砕きつつ条播きし覆土します。

IMG_3927

あっという間に一畝分が完了。
30分もかかっていません。
作業前と何も変わっていないように見えますが、種播き完了後の状態です。

IMG_3928

写真の上部で、こちらの畝に向かって垂れ下がってきているのは、ゴボウですね。
ゴボウも種播きの時期です。

ダイコンの種はまだまだありますので、隣の大豆の畝にも播くことにします。

IMG_3934

大豆がありますので、こちらは大豆と大豆の間に点播きします。

IMG_3933

さあ、どんなダイコンができるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。