井戸の再生(6)流し台再生

前回、立水栓を設置しました。

流し台は、他のところで使われているものを流用します。
こちらがその流し台です。

IMG_3706

ずいぶん老朽・劣化しています・・・
祖母が購入したものです。
祖母が亡くなってから30年が経ちますので、少なくとも30年以上の骨董ものです。

特に脚が酷く、自立しません(写真ではかろうじて立っていますが)。
でも脚さえ直すことができれば、まだ使えそうな気もします。
ということで、流し台も再生することにします。

まずは、サビの酷いシンク(トタン製)。

IMG_3710

ディスクグラインダーに取り付けたワイヤーブラシでサビを落としました。
続いてシルバーの油性塗料で塗装します。

IMG_3711

光の反射具合のためか、写真で見ると新品同様です!

脚の鉄パイプはさすがにサビ落としだけでは無理です。
脚の下部を切り取り、新しいものを継ぎ足そうと思います。
鉄パイプの直径は9mm。
ちょうどストックしてあるビニールハウスのパイプ(廃材)と同径なので、それが使えそうです。

問題は鉄パイプをどのように継ぎ足すか???
以前ビニールハウスを解体するときに、鉄パイプのなかに径の小さいパイプを入れて継いであることを思い出しました。
農業資材店で探したところ同じものが見つかりました。(下写真で中央の金具です。)

IMG_3712

このように継ぎ足すことができます。

IMG_3713

全ネジ棒(M6)で4本の脚を連結して組み立てます。

IMG_3714

脚を塗装し、排水ホースも交換し完成!

IMG_3719

蛇口と流し台の高さ関係も良い感じです。

シルバーの塗料や全ネジ棒などの購入に要した費用は約1,500円です。
安く済みましたが、手間はかかりますね。

<続きます>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。