カテゴリー別アーカイブ: 片付け・整理

倉庫の整理(1)農具掛け作製

前回、竹蓋(井戸蓋)を作製しました。

竹蓋には自宅に隣接する里山から伐り出した竹を使いました。

竹は、我が家の里山だけでなく日本全国であり余るような状態です。
竹を少しでも使いたいと思い、これまでに門松や竹のそうめん流し、土壁の竹小舞などに使ってきました。

門松です。

IMG_1004

投稿の内容に関係ありませんが、写真に写っているネコは野良猫です・・・
ワラのうえは暖かくて気持ち良いのでしょう。

こちらは竹のそうめん流しです。

IMG_0628

土壁の竹小舞(エツリ)です。

IMG_2844 (1)

これらは竹を使ったものの定番でしょうか。
ちょっとしたところでも竹を使えないか、そう考えています。

そこで、今回は竹を使って農具掛けを作りたいと思います。

我が家には倉庫が二つあるのですが、荷物で満員御礼の状態でした・・・
ようやく荷物の処分(3年で軽トラ100台分!!)が終わり、これから整理していこうと思っています。
鍬や斧などの農具も使えそうにないものは処分しましたが、それでもたくさん残っています。

鉄骨倉庫の胴縁に農具を掛けたりしていますが、農具にも胴縁にも良くありません。

IMG_3131

そこで、ここに農具掛けを作ります。

○竹は、農具を掛ける竹竿として使います。
○竹竿の支えは木材(角材)で作ります。
○この支え(角材)を倉庫の胴縁(Cチャンネル)に取り付けます。

竹竿の支えは苦手のホゾで継ぐため、図面を描いて寸法を出します。

農具掛け

<続きます>

倉庫の整理(2)農具掛け作製

前回、農具掛けの設計図(のようなもの)を作りました。

農具掛け

図面のとおりにホゾを加工します。

IMG_3243

材料には1寸角のスギを使いました。
残材利用のため仕方ありませんが、本当はもう少し太い角材にしたかったです。

ホゾは斜めに挿さります。
大工さんなどの本職の方だと指矩一本で墨付けするのでしょうが、素人には到底無理です。
そこで図面の出番です。
図面はCADで描いていますので、どの寸法も拾い出せます。
その寸法だけで(指矩の技術は使わずに)墨付けしました(邪道!)。

組み立てます。

IMG_3245

ホゾ組みの接合部です。

IMG_3246

細部をみると素人感がありますね・・・
昨年の改修工事で大工さんが加工したものをみる機会がありましたが、これとはレベルが違い過ぎました。
まあ、これでも用は足してくれるでしょう。

倉庫の胴縁(Cチャンネル)にタッピングビスで取り付けます。
そして少し切り込みを入れておいたところに竹竿を載せます。

IMG_3254

試しに農具を掛けてみます。

IMG_3263

竹竿が二段になっているのは、上段の竹竿に掛けるだけでは安定しないためです。
下段の竹竿で農具が回転して転落するのを防いでいます。
(上段だけだと半数ぐらいの農具が安定せずに転落するような感じです。)
農具の柄を下段の竹竿の内側に入れるか外側に出したほうが安定するかは、農具(の重心位置)によって異なります。

鍬や斧などは竹竿に掛けることができます。
しかし、スコップやツルハシを掛けることができません。
スコップなどを掛けられるように角材を追加します。

IMG_3440

かなり多くの農具を掛けるようになり、胴縁(Cチャンネル)に負担がかかります。
縦に2本の角材を追加して重さを分散させました。

スコップはこのように掛けます。

IMG_3442

ツルハシもうまく掛かりました。

IMG_3443

全て(まだ他にもあるような・・・)の農具を掛けます。

IMG_3445

サビの酷いものがありますね。
農具の手入れもしないといけません。

<続きます>

倉庫の整理(3)剪定道具掛け作製

前回、農具掛けを作り、鍬などの農具を整理しました。

農具は、まだ鎌などの小物があります。
ほかに庭仕事の剪定道具もあります。

今回は、それらを整理するための道具掛けを作ります。
いずれも使用頻度の高いものですので、壁掛け式にして、倉庫の出入口を入ったところに設置します。

2つある倉庫のうち古いほうの鉄骨倉庫で、築30年を超えています。
鉄骨の塗装が劣化し、サビが出てきています。
(内部の塗装は一度も塗替していません。)

IMG_3324

道具掛けを設置する前に、この部分だけでもサビを落とし塗装します。
道具掛け自体よりも、このような下準備のほうが大変です・・・
でも後でやるのは更に大変ですので、ここは我慢して作業です!

塗装完了。

IMG_3334

壁掛け式の道具掛けは、壁にベニア板を貼ることが多いと思います。
今回はベニア板ではなく、余りもの(短尺)の羽目板と野地板を使おうと思います。
(無垢の木であれば、処分するときは釘を抜いて燃やすなり、裏山に置いておくこともできます。)

倉庫の胴縁(Cチャンネル)に直接板を張るのではなく、木の胴縁を挟みます。
タッピングビスで胴縁をとめます。

IMG_3335

木の胴縁に野地板を打ち付けます。
道具の形にあわせて留め具(ビス)をとめれば完成。

IMG_3337

こちらは剪定道具関係としました。

出入口を挟んで反対側には、同様に鎌などの農具関係のものを設置しました。

IMG_3452

<続きます>

倉庫の整理(4)麦わら帽子&ヘルメット掛け作製

盛夏の現在、屋外作業に麦わら帽子は必須です。
また、山仕事でのチェーンソーワーク時にはヘルメットを被ります。

これらの安全のための用具は、いつでもすぐに手に取れるようにしておきたいものです。
そこで今回は帽子掛けとヘルメット掛けを作ります。

まずは帽子掛け。
作るといっても適当な木の枝を探してきてビスで取り付けるだけです。

IMG_3463

このような二叉の枝を加工しました。
樹種は、昨冬に伐採した椿だと思います。

吸い付くように麦わら帽子が掛かります。
自然素材同士で相性が良いのかもしれません(^_^)

IMG_3465

帽子掛けは、タンス(雨合羽やウエスなどの収納用)の側面に取り付けました。
タンスの正面には「安全第一」の看板を取り付け、帽子やヘルメットの被り忘れなど横着しないように自身を戒めます!

続いて、ヘルメット掛けを作ります。

ヘルメットは木の枝の帽子掛けでは滑り落ちてしまいます。
そこでヘルメットのツバの部分を挟み込むかたちでヘルメットを掛けるようにします。

ダンボールでツバ部分を型取ります。

IMG_3526

型紙どおりに板(野地板の残材)を切り取ります。
この板の裏面(左右)に板の小片を重ねて、ヘルメットのツバを挟み込めるようにします。

IMG_3527

タンスの側板に取り付けて完成。

IMG_3530

市販のヘルメット掛けを参考に作りましたが、こうするとヘルメットをしっかりホールドできるのですね。

ちなみにヘルメットは本職が使うハスクバーナ社(スウェーデン)のものです。
安ものでも良かったのですが・・・
でもイヤーガードでヘルメットを固定できる(アゴ紐を使わない)など使い勝手がとても良いです。
冬のチェーンソーワーク時だけでなく、夏の草刈りで刈り払い機を使うときも活躍しています。

<続きます>

倉庫の整理(5)ドアホルダー作製

時間をみつけて倉庫の片付けや整理を行っています。
築三十数年で、出入り口のドアはアルミ製の旧型です。

IMG_3859

両手に荷物を持って出入りするときなど開けた状態のままにしておきたいことがあります。
しかし、風が吹くとバタンと閉じてしまいます。

新しいほうの倉庫のドアをみると「ドアクローザー」と呼ばれるものが付いていて、開けた状態で保持できるようになっています。

IMG_3865

ところで、写真を見て気づいたのですが、ヒンジのところに取り付ける皿ネジ4本が1本しかありませんね。
手抜き工事!?
ネジなんて安いものですので単なる付け忘れでしょう。
また取り付けておきます。

IMG_3865

古いほうの倉庫にもドアクローザーを取り付ければよいのですが、そこまでするのはもったいないように思います。
ドアを開けた状態で支えるもの(突っ張り棒)であれば簡単に作れそうです。

早速作ってみます。
角材と蝶番(100円程度)を使います。

IMG_3861

これをドアの縦框に取り付けます。

IMG_3862

ドアを開けた状態でしっかり保持できます。

使い終わったら、足で上に蹴り上げます。

IMG_3863

ただ、これだとドアの開閉に伴い突っ張り棒(角材)が倒れてしまいます。

磁石で着脱できるように改良します。

IMG_3880

使い勝手の良いものができたと自己満足していたところ、ホームセンターで同様の「ドアホルダー」(千円程度)なるものを見つけました。
自作のものより見た目がよく、耐久性もあるものでしたので、自作するより購入したほうが・・・

<続きます>

倉庫の整理(6)ほうき掛け作製

倉庫の整理が続きます。

以前、倉庫内に農具掛けを設けました。

IMG_3445

たくさんの農具があり、既に「満員御礼」状態です・・・
庭掃除などに使う竹箒や熊手などを入れる余裕がありません。

そこで、ほうき掛けを作ることにします。

今回も竹を利用したいと思います。
次のようなものだと簡単に作れそうです。

○丸竹(直径1寸程度)にほうきを掛けるフックを取り付ける。
○その竹を倉庫の母屋(梁)から吊り下げる。

竹に取り付けるフックはどのようなものが良いか?
いつも拝見させていだいているブログ(素人大工さんの「古民家改修と物置セルフビルド」)で波板を留めるフックボルトを道具掛けに使われていたことを思い出しました。
なるほど!このアイデアをいただきます。

フックボルトをホームセンターで購入。
10本入りで約100円と安価です。

IMG_3912

ドリルで竹に穴を開け、フックボルトを取り付けるだけです。

IMG_3913

ちょうどフックボルトの傘が丸まっているので、竹にフィットします。

IMG_3914

一方のほうきには、柄の先端を針金で加工したものを取り付けます。

IMG_3917

倉庫の母屋(梁)から吊り下げれば完成です。

IMG_3988

窓の両側の空きスペースを利用しています。
窓の前には、ほうき類を掛けませんのでフックも取り付けていません。

これで庭掃除も気持ちよくできそうです!

<続きます>

倉庫の整理(7)軍手掛け作製

倉庫整理が続きます。

庭仕事や農作業には軍手が必須です。
当然、軍手は汚れます。
以前は(今も?)、汚れたままその辺りに放っておくようなことが多々ありました・・・
そうすると、次に使うときには汚れたものを使う気にはなれず、新しいものを出してくるという横着をしてしまいがちです。

軍手を大切に扱うことができるように、今回は軍手掛けを作ります。

軍手掛けも竹を使いたいと思います。

以前、工具を整理するときに竹でペンシル立てを作りました(ブログへの投稿はありません)。

IMG_3557 (1)

竹は円筒であるために、角材に比べると固定するのが困難です。
竹のデメリットのひとつだと思います。

ペンシル立ての場合は、上部の一部を切り取り、板状にすることで固定しやすくしました。
この方法で軍手掛けも作りたいと思います。

脱線しますが、工具掛けの全容です。
安物工具の寄せ集めと言ったところです・・・
時代ものもありますが、祖父や父のものがたくさんあります。
農具は高祖父の代から5代に渡り求めたものですが、こちらの歴史は新しく3代分です。

img_3994

閑話休題。
軍手掛けを作ります。

竹の固定方法は、ペンシル立てと同じ方法(竹の一部分を切り取る)とします。
竹に軍手を被せるようにしますので、ペンシル立てとは天地逆となります。

軍手を被せやすいように、竹は直径1寸弱(20mm程度)の細身のものを使います。
この竹(8本)を、厚さ6分(18mm)の胴縁材(廃材)に固定します。

IMG_3946

軍手のペアが一目でわかるように竹の高さを変えています。
また、雨天時などに洗った状態のまま軍手を掛けることを想定して、水が溜まることがないように節のない部分を使っています。

こう見ると、竹の径が細いにも関わらず節と節の間はずいぶん長いものですね。
ここで使っている「真竹(マダケ)」という種類の竹は節間が長いことが特徴のひとつですが、なるほどと思います。

ビスで固定します。

IMG_3947

こちらは裏面になりますので、表からはビスは見えなくなります。

竹の切り込み部分がありますので、ビスを2本使わなくてもしっかり固定されます。

竹を板状に切り取ったところでビス留めしていますが、板状といっても少しの丸みが残ります。
このためビスを強く締めすぎると竹に割れが生じてしまいます。
角材のほうを竹にあわせて加工すれば良いですが手間がかかります。
検討課題です。
(ペンシル立ての場合は、竹の内側からビス留めしたので問題ありませんでした。)

以前に作った道具掛けの下に取り付けます。

IMG_3986

軍手を掛けやすいように少し前方に傾きをつけています。

軍手を掛けるとこのようになります。
(汚れた軍手で恐縮です・・・)

IMG_3987

作業の安全を祈って合掌。
五郎丸のポーズにもみえますね!

<続きます>