片付け・整理」カテゴリーアーカイブ

種子保管箱の作製

自宅敷地内にある畑(計1反弱)の耕作は自然農により行っています。

そして、長年の化学肥料の使用等により土地が痩せた状況にあるため、収穫よりも土地を再生させるほうに力点を置いています。
土地を再生させるためには土地の状態にあった作物に力を発揮してもらうのが良く、とりあえず様々な作物の種子を播くようにしています。
ただ、種子の整理・保管が不十分なため在庫があるのにダブって買ったり、自家採取したものを播き忘れたりすることが多々あるのです。
種子自体は購入時の種袋や封筒(再利用)に入っていますが、問題はそれらを適当な段ボール箱に放り込んであるため混乱しているだけでなく一覧性にも欠けることです。
そこで、種袋をキチンと整理すべく保管箱を作ることにします。

市販の種子の袋は基本的に同じサイズです。
自家採取した種子を入れている封筒(再利用)も統一して長形3号のものを使うようにしています。
サイズ(横幅)は長3の封筒のほうが若干大きいため、これにあわせて下図の保管箱を考えました。

単純な木箱で、封筒の幅120mmに対して箱の内寸を130mmにしています。
また、保管箱は冬野菜用と夏野菜用に分けて2個作ることにし、ひとつの箱の奥行きを180mmにしています。

それでは作っていきます。
材はいつものように古材を再利用します。

この板材(杉、厚さ7mm前後)は祖父の箪笥を解体したもので、以前にもこれを使って木箱(下写真。土器保管箱)を作りました。

これを作ったときは自動カンナで板厚を揃えたり、サンダーをかけて綺麗にしたのですが、今回は農作業で使うものですので、そのまま使うことにします。

所定の寸法で各部材を木取り。

テーブルソーを使っているため精度はバッチリと言いたいところですが、角度定規(マイターゲージ)の設定を確認し忘れて下写真のとおりカネ(90°)が出ていません・・・(1mm程度)。

今回はとりあえず箱として用をなせば十分なので修正せずに進めます。

組んだら隙間などが生じるのではないかと思っていたのですが、そのようなこともなく意外とキッチリ組めました(全て同じ角度でズレているためかもしれません)。

とりあえず箱ができました。

ところで、先日当ブログにコメントをいただいた釦屋さまのブログを拝見したところ木箱(椿皿の収納箱)を自作されたときの記事を見つけました。
側板を相欠きのような形で組んでみえ、なるほどこうすれば頑丈にできると勉強になりました。
もう少し早く知っていれば、今回の木箱の作製で試せていたのにと惜しくもなります(このブログ記事は遡って書いています)。

種子保管箱は冬野菜用と夏野菜用のふたつを作ったため、どちらのものかわかるように箱に文字入れしておくことにします。
文字入れは例のレーザー彫刻機を使います。

このレーザー彫刻機は小型で一度に彫刻できるエリアは狭いものの、上写真のように機械を据えられれば彫刻できるので使い勝手が良いです。

玩具レベルの代物ですが、文字だけならサッと彫刻できるので悪筆の私にとっては頼もしいアイテムです。

早速、手元にある種袋を収納してみます。

これまでの段ボール箱と違って、これならキチンと整理・保管できそうな気がしてきました(^_^)

刈払機掛けの自作(2)作製

前回、刈払機の収納方法について検討し、下図のブラケット状のものを作ることにしました。

1寸(30mm)角の角材を用いることにしていますが、これは在庫の間柱材(105mm×30mm)から木取りするためです。

間柱材を30mm(+α)幅で挽き割ります(バンドソー使用)。

最近、ホームセンターで木材を購入する際は、杉の間柱を選ぶことが多いです。
そうすれば木取りする必要があるものの、欲しいサイズの角材を得られますし、工作の毎にホームセンターに走る必要もありません。
であれば、柱材を購入しておき、それを挽き割って使うようにすれば、さらに自由度が広がることになります。
しかし、かなりケチ臭い話しになってしまいますが、ホームセンターでは間柱材の単価(単位体積当たり)が最も安く、柱材を購入すると高くついてしまうのです(単価差は僅かですので、工作の頻度が少なければ、都度、希望サイズに近いものを購入するがベストです)。

話しが脱線してしまいましたが、挽き割ったものをプレーナーにかけて一定寸法になるように仕上げます。

30mm×27mm×2mの角材が2本得られました。

これを所定の寸法で切断。
次にホゾ穴の加工を行います。
今回は深さ方向に斜め45°のホゾ穴になりますが、手ノミだけで正確に加工するはとても私の技術では無理です。
このため、これまではドリルスタンドに簡易的な角ノミのアタッチメントを取り付けて加工していました。
角ノミと言えば、以前、大型の専用機(中古品)を入手しましたが、この機種はオプション品(スタンド等)を取り付けることで造作用の角ノミとしても使えるようになっています。
電動工具も増える一方では保管やメンテに手間を取られかねないため、角ノミは大型のものに一本化しました(ドリルスタンドを売却し、その売上金でオプション品を購入)。
今回はそれを使って加工します。

45°の角度をつけた治具を作り、それで材を固定してホゾ穴をあけます。

まだ機械の扱いに慣れておらず苦戦しましたが、正確に加工できました。

続いてホゾのほうを加工します。
テーブルソーを使いますが、角ノミと違ってこちらは慣れたものです。
(四方)胴付きに45°の角度がついていますので、ブレードを45°傾斜させて2面から切り込みを入れます。

残る2面は、ブレードの傾きを垂直に戻し、傾斜定規のほうを45°にして切り込みます。

あとは、切り込み箇所まで手鋸で縦挽きすればホゾが現れます。

ホゾを組み立てて2組の腕木を作ります。
腕木と柱とはビス留めして固定しますが、位置が決まるように柱側を浅く溝切りしておきます。

柱を鉄骨の胴縁に対してタッピングビスで取り付けます。

一旦、腕木の上に刈払機を載せ、ちょうど良い場所で刈払機を固定するための角材(端材)を取り付けます(上写真がその作業中の様子)。

隣の斧掛けと統一がとれるように塗装(オイルステイン)して完成です。

これで、夏の草刈りも楽しくなるかも!?

ところで、上写真に写っているとおり、刈払機の下のスペースには薪割り機(手動式)を置くことにしました。
この薪割り機は、節部分など斧では太刀打ちできなかったものを割るのに利用しています。
とは言え、生木のうちに割るようにすれば節部分も斧でいけることが多いため、これを使って割るのはせいぜい年間10〜20玉程度です(無くても済むのですが、ヤフオクのクジに当たって衝動買いしていました・・・)。

あと、薪作りには昨年購入した背負子も活躍しています。
これも収納棚(チェーンソー等を収納)の角に掛けて収納できるように下写真のとおり角材を取り付けてフックにします。

今や、道具を含めてあらゆるモノが画面上のボタンをポチっとするだけで手に入る時代です。
その容易さの反面、モノが増えることで、収納や、十二分に活用することが難しくなっているように感じています。