カテゴリー別アーカイブ: 土蔵修繕

土蔵の修繕(1)

先日、ブログ仲間の素人大工さんとのコメントのやりとりで「三和土を施工するなら、この時期に融雪剤(塩化カルシウム)を買っておいたほうがよいよ」とのアドバイスをいただきました。

三和土(たたき)とは、その昔、セメントがなかった時代に土間を固めるのに使われていたものです。
三和土と書くように「粘土」「石灰」「ニガリ」の三種類の材料を締め固めてつくるそうです(素人大工さんによるニガリを省略した「二和土」もあるそうです)。

我が家の古民家(主屋)も昔はもちろん土間でしたが、15年ほど前に床上げしたため、主屋には土間が残っていません。
それにも関わらず三和土と言うのは、土蔵の軒下(庇)の土間を補修したいと考えているためです。

その土間は、雨漏り(その後、屋根の葺き替え済)により亀裂や砂状になっているところがあり、そこに野良猫が糞をしていくのです(^_^;
とりあえずは猫よけのために古瓦を被せてあるのですが(下写真)、このままでは余りにもずさんです。
そこで、三和土で土間の補修というわけです。

特に三和土にこだわっているわけではありませんが、主屋の改修工事で発生した壁土を早く使ってしまいたいこと、それになんとなく面白そうです(^_^)

ところで、この土蔵の築年数は不明ですが、主屋の古民家(明治44年築)よりも古く、築100年以上です。
と言うのは、明治中頃に描かれた絵図(下図)を見ると、主屋は先代の藁葺きのものですが、この土蔵は既に描かれているからです。

このような古いものを、土間と言えども手間暇をかけて補修する必要があるのか?
知人やご近所、親類との間で話題になったときも、土蔵は不用ではないかという方が大半です。
それもそうで、我が家には土蔵とは別に鉄骨倉庫が2棟あり、物入れは十二分にあります。

一方、15年ほど前に屋根の葺き替え(庇部分のみ)をおこなっていることもあり(下写真)、今すぐに壊すのはもったいないような状況です(その費用で解体・撤去も可能だったのですが・・・)。

そんなわけで、当面は修繕の範囲内で手を入れて使い続けることにし、その後の状況や、必要に応じて調査をおこない改修または解体の判断をすることにしました(要は問題の先送りです・・・)。

1年ほど前から、片付け・掃除、庇の柱・梁の取り替え、土壁の新設、下見板(鎧シブキ)張り(下写真では未施工)、漆喰の塗り替えなどをおこない、現在に至っています。

今後、三和土を施工するため、この冬の間に融雪剤(塩カル)を入手する予定ですが、実際の作業は5月以降になりそうです(冬季の週末は里山整備をおこなっています)。
そこで、三和土の施工までに、土蔵関連でこれまでにおこなってきたことを時系列で紹介したいと思います(ブログ記事のネタ切れのとき、不定期で・・・)。

<続きます>

土蔵の修繕(2)外部の片付け

主屋の軒下にツバメの巣がありますが、今年もツバメが飛来し既に雛が大きくなっています。

(昼間の様子)

※雛は6羽。親鳥に餌をねだる鳴き声で賑やかです。

(夜間の様子)

※顔を突き合わせて休むのでしょうか?親鳥は巣に入るスペースがないため別のところで休んでいるようです。

ところで、この巣は何年も使われているものですが、昨年はヘビに襲われ、雛は巣立つことができませんでした。
しかも、そのときの影響で巣が剥がれ落ちそうな状態になっていたのですが、泥を使って上手に補修したうえで巣篭もりするようになりました(下写真が修理中の状態)。

実は昨年、ヘビに襲われた後、親鳥は別の場所(下写真)に新たな巣を作り、こちらで無事雛が巣立っています。

てっきり今年は新しいほうの巣に巣篭もりするものと思っていましたが、古いほうを修理してまで使い出したのには驚きました。
ツバメに聞かないとわかりませんが、元々の巣のほうが居心地が良いのでしょうかね?

さて、ツバメが泥を使って巣を修理している様子に触発され、私も土蔵前の土間の補修(前回のブログ記事に記載のとおり三和土の施工)をおこなうことにしました。
施工は既に終わっているのですが、土蔵の修繕に関してはこれまでにいくつかのことを行っていますので、先にこれらを書いておきたいと思います。

3年前に遡りますが、建築士さんに主屋(古民家)の建物調査をしていただいているときに敷地内もひと通り見ていただきました。
そのとき土蔵の庇下が物置き状態になっている様に「置きっ放しになっている物(農業用資材等)は移動させたほうが良い」とのアドバイスをいただきました。
その頃は主屋のことで頭が一杯だったのですが、時間を見つけて少しずつ片付けることにしました(下写真はこれでも片付け後のものです・・・)。

いろいろと物を詰め込んであったダンボール箱はこの有り様(シロアリに食われてボロボロ)。

ダンボール箱はシロアリに食われても問題ありませんが、このダンボール箱が接していた建物土台にまで被害が及んでいるのを発見!!

幸い土台には堅木が使われているようで表面だけの被害に留まっていますが、建築士さんが言われるようにこのような場所に物を置きっぱなしにするのは厳禁と言うことですね・・・。

使い残しの化学肥料を1箇所に集めてみるとこんなにもあります。

化学肥料はシロアリに喰われることはないとしても、今後使う見込みはなく(自然農に切り替えているため)、置いておいても建物の風通しを悪くするだけです。
そこで、化学肥料を使って畑作等をやってみえる方に引き取っていただきました。

化学肥料については活用いただける方がみえて良かったものの、問題は農薬やマルチシートなどの廃プラです。
農薬はとうに有効期限が切れ、とても使えるような代物ではありません。
しかし廃棄する場合、もちろん適正処理が必要となりますが、産業廃棄物となるため厄介です(山中にこっそり不法投棄してあるのを見かけることがありますが、土壌や地下水汚染の原因となりかねません)。
幸い地元の農協が年1回、農協販売のものに限って低料金で回収してくれています。

この年1回のチャンスに軽トラ1車分(農薬30kg、廃プラ40kg)を処分します。

組合員向けの低料金サービスとは言え、これだけで数万円かかったような・・・。
買うよりも処分するほうが高くつくのではないか?と思わずにいられません。
そう言えば、現在、建築資材として多用されている石膏ボードも、同様に処分費のほうが高額になると聞いたことがあります。
便利な反面には不便が潜んでいると言うことでしょうか。
その点、泥だけで巣を作るツバメは後のことなど考える必要もなく、気楽で良いものですね。

屋根裏に積んである木杭なども一旦降ろします。

予想はしていましたが、天井板はボロボロです。

とりあえずは物が片付いて、異様な雰囲気だった小屋内(土蔵の庇下に設置、元は鶏小屋)も明るくスッキリしました。

<続きます>

土蔵の修繕(3)鶏小屋の撤去

前回、土蔵の庇下に置かれていた農業資材等を片付けました(ブログ記事は遡って書いており、実際には3年前。下写真はその片付け後の状態)。

その後、主屋の改修工事が始まったため、この状態で1年経過。
主屋のほうが一段落したことで少し心に余裕ができたのか、再び土蔵のほうが気になってきました。

土蔵の庇下の一画(南東)には鶏小屋(後に物置きとして使用)が設けられています。

中に置かれていた物を片付けたことでスッキリしたものの、鶏小屋付近だけ何か感じるものがあります・・・。

この鶏小屋の構造を見ると、土蔵が築造された当初(明治中頃)には鶏小屋は無く、後に(昭和初期?)庇下を利用して追加されたものだと思います。
主屋の屋根裏に、昭和初期発行の『養鶏法』なる書籍がありましたので、それを参考にして作ったのかもしれません。

昭和初期には既にコンクリートが使われるようになっていたようで、基礎や土間にコンクリート(無筋)が使われています。

しかし、基礎コンクリートは劣化し、大きなクラックが入っています。

梁や土台などの木材の状態も良くなさそうですので、鶏小屋の板壁などを解体・撤去して確認することにします。

梁の状態です。

これは酷い!

柱の下部と土台の状況です。

これまた酷い!!

少し大きい地震がくれば倒壊の可能性大です。
古民家が一概に地震に弱いということはないはずですが、このような状態で放置してあるものは間違いなく地震に弱いですね(^_^;

ガラクタ置き場と化している土蔵なので地震で倒壊しても構わないのですが、約15年前に結構な金額をかけて庇部分の屋根を下地からやり直しているのが悩みどころです(直すなら、下から全て直すべきでした・・・)。

使ってもいない土蔵にこれ以上のお金をかけるのは勿体ないですが、少なくとも梁や柱などの構造部分は大工さんにお願いするしかありません。
幸い鶏小屋以外のところはそれほど悪い状態ではありません(養鶏に伴う水や湿気が悪さをしたのかもしれません)。
主屋の改修工事をしていただいた大工さんに相談したところ、鶏小屋のところの構造部分だけであればそれほど費用はかからないとのこと(実際に安価でした)。
そこで、構造部分だけは大工さんにお願いし、そのほかの基礎の補修や土壁作り、壁板張りはDIYにて行うことにしました。

<続きます>

土蔵の修繕(4)土塀の撤去

前回、鶏小屋を撤去したところ、柱や土台などが相当痛んでいることがわかりました。

これらの老朽箇所は修理する(構造部分は大工さんに依頼し、そのほかはDIY施工)ことにしましたが、実はまだ気になるところがあります。

土蔵の庇部分に連なる形で土塀(下写真矢印)がありますが、これもヤバそうなのです。

軒が落ちかけているのはまだしも、手で押すだけで土塀全体が前後に揺れます。

少し大きい地震が来れば倒壊するでしょうし、土塀の反対側は滅多に人が通らないとは言え公道(赤道。下写真が公道側から撮影)です。

この公道は昭和30年代までは人の往来があったと聞いていますが、現在では通り抜けができず、実質廃道状態になっています。
昔は人の往来があったため、用心として土塀を設けたのでしょうが、今ではその必要性はありません。
また、この土塀により風通しが遮られるため、土蔵前が常にジメジメした状態になっています。

そこで、この土塀を解体・撤去することにします。
まずは土塀の周りに置かれている古瓦を片付けます。

これらの瓦は昔の納屋(昭和50年頃に建て替え)のものですので、屋根から降ろしてからでも40年が経ちます。
状態の良いものだけを残し(縁石として使う予定)、残りは破砕します。
自宅に隣接する里山の斜面に流水で土が流されたところがありますので、そこを埋めるのに使います。

土塀を解体し始めます。

瓦を下ろし、屋根下地を撤去します。
続いて壁土を撤去しますが、(荒壁部分を)再利用できるように、事前に表面の漆喰(上塗り)を剥がしておきます(剥がした漆喰は畑に還元)。

実はこのとき、棟から見て片側ずつ瓦を下ろそうとしていたのですが、たまたま来宅された大工さんに注意していただき、両側の瓦を交互に下ろすようにしました。
危うく土塀の下敷きになっていたかもしれません・・・。

土壁の解体に伴い出てくる竹小舞(土壁の下地)を1面分、取っておきます。
土蔵の庇の修理において土壁を新設する予定ですので、そのときの参考にするつもりです。

撤去完了。

土塀を撤去したことで、石積みの天端がむき出しになりました。

土が流れてしまわないようにコンクリートを打って養生しておきます。

土塀を撤去したことで、土蔵前の風通しが良くなりました。
この影響なのか、先日のブログ記事に書いたとおり、これまでほとんど花をつけなかったなかったツツジがたくさんの花をつけるようになりました(下写真は翌春に撮影したもの)。

<続きます>

土蔵の修繕(5)基礎の補修

前回、土塀を撤去しました。

一方、肝心の鶏小屋があったところ(土蔵の庇下、下写真で手前側)については、大工さんに梁や柱などの構造部分の取り替えをお願いし、そのほかはDIYにて行うことにしています。

大工さんに構造部分の施工をしていただく前に、劣化している基礎の補修などを済ませておく必要があります。

下写真は土台の基礎コンクリート(無筋)ですが、大きなクラックが生じています。

基礎コンクリートの下に穴があいていますが、ここには陶器製の桶のようなもの(2枚目写真参照)が入っていました。
この桶状のものは養鶏に伴う排水を受けるためのものだと思います。
コンクリートのクラックは、この排水口を開ける際に生じたのかもしれません。
今ならドリルを使って綺麗な穴をあけることができますが、昔だとタガネぐらいしかなく、このようなことになったのでしょう(経年劣化のほうが大きい?)。

何れにせよ、このままでは不安定ですので補修することにします。
まずは穴があいている箇所に、砕石代わりにコンクリート殻を敷き均します。

途中の経過写真がなく、いきなり完成です・・・。

土台が載った状態で補修しなければなりませんので、上部に隙間を作った状態にして型枠をあて、その隙間からコンクリートを流し込みました。
このような無理な施工でアバタが生じてしまいましたので、酷いところはモルタルで化粧しています。

大工さんには、梁や柱、土台を取り替えていただくことになっています。
現状では、鶏小屋跡の正面向かって右側の梁や柱が土蔵の入り口側(右側)に寄りすぎているため、この機会に少し左(下写真で「新設」の位置)に移していただきます。
この箇所に柱の礎石が必要となりますので新設することにします。

設置箇所の土間コンを切断・撤去し、穴を掘ります。

礎石には、主屋(古民家)で使われていた延べ石(減築に伴い発生)を必要長さで切断して再利用しています。

これまた作業途中の写真がありませんが、砂利を敷き、均しコンクリートを打って礎石を据え付けました。

これで、いつでも大工さんに入っていただける状態になり、自分としては一安心です。
今日明日に地震が起こることもないでしょうし、大工さんには手が空いた時に施工していただくことでお願いしました。

撤去した後の柱などは薪にするつもりですので、柱の下部に取り付けてある鉄板(不燃物)を外しておくことにします。

取り外したところ、なんとシロアリでボロボロの状態であることが発覚!

朽ちて粉状になっているところを取り除くと・・・

なんと、断面の2/3程度が無くなっている状態です!!
大工さんに見ていただいところ、予定を早め急遽施工していただくことになりました。

とりあえず添え木をして手当てしておいてほしいとのことで、あり合わせの木材をビスで打ちつけておきます。

しかし、この朽ちかたからは、現在シロアリが喰いつつあるような状況ではなく、相当以前からこのような状態にあったように思えます。
当地では10年ほど前に震度5強の直下型地震に見舞われていますが、よくもその時に倒壊しなかったものです。
そして15年ほど前にはこの柱上で屋根の葺き替え(しかも土葺き)をしているのですが、作業中に倒壊なんてことも十分にあり得たのだと思うとゾッとします。

<続きます>

土蔵の修繕(6)柱・土台等の取り替え

大工さんに柱や土台などの構造部分を取り替えてもらうため、その事前作業として前回、土台基礎の補修などを行いました。

また、取り替える予定の柱について、その下部に取り付けられている鉄板を外したところ、シロアリ被害により断面の2/3程度が欠損していることがわかりました。

<鉄板の取り付け状況>

<シロアリ被害の状況>

元々この柱も取り替える予定でいたのですが、鉄板で覆われてシロアリ被害が隠れていたため、比較的しっかりしていると思っていたほどなのです。

ところで、この鉄のカバーは柱に直接、雨がかからないようにし、ひいてはシロアリなどによる腐朽を防止するためのものだと思います。
それなのに、この覆われた箇所だけがシロアリ被害に遭っているような有り様です・・・。

そう言えば、主屋の改修工事を設計・監理していただいた建築士さんが「木材にこのようなカバーをするのには良し悪しがある」と仰ってみえました。
完全にカバーされているのならまだしも、中途半端な状態で雨水が入ってしまえば木材が乾きづらくなりますし、また、通気が遮断されることでシロアリにとって住み心地の良い環境になりそうです。

さらに、この柱の近くには以前、センリョウなどの植物が自生し、柱の下部を覆っていました。

通気の悪さに加え、植物により適度な湿気が補われ、シロアリにとっては天国だったわけです・・・。

ほかにも同様に鉄板が取り付けられている柱がありますので、鉄板を外して確認することにします。
鉄板の下には、さらに板の覆いが取り付けられています。

厳重と言えば厳重ですが、その分、シロアリ被害などが見つかりにくくもなり・・・。

この板の覆いも外します。

先の柱以外はなんともなっておらず、やれやれ一安心です。

そして、当初の予定を早めていただき、大工さんによる施工が始まりました。

仮の柱で屋根を支え、既設の柱や土台が撤去された状態になっています。
柱と土台の樹種は檜で、梁は赤松です。
また、土台には防腐効果を期待して塗装(オイルステイン)してあります(据付前にDIY)。

何のトラブルもなくアッと言う間に完成。
さすが大工さんです!

下写真の面(南側面)は土壁で仕上げられるようにしていただきました。

わざわざ土壁にしなくても適当な外壁材を張っておけば十分なのですが、反対の北側面(上写真で奥側)が土壁になっていますので、こちらも土壁にすると統一がとれそうです(昭和初期に鶏小屋を設ける前はこちらも土壁だったのだと思います)。
手間はかかりますが、材料はタダ(主屋の改修工事で発生した壁土)ですからね(^_^)

<続きます>

土蔵の修繕(7)収蔵物の洗いと虫干し

梅雨明け以来、酷暑が続いています。
この酷暑のなかでは、とても屋外で草刈りなどの作業はできません。
一方、暑くなるほど冷たい水が気持ち良く感じますので、井戸水(2年前に再生)で涼をとりつつ洗いものをすることにします。
洗いものの対象として思いつくのが、土蔵の中で何十年と日の目を見ることなく眠っているガラクタ類です。
埃にまみれて酷い状態ですので、洗えるものは水洗いし、洗えないものは虫干し(土用干し)してやるとサッパリしそうです。

ところで、土蔵については、その修繕の記録をブログ記事にするつもりが、ブログでは大工さんに柱・土台等(庇部分のみ)を取り替えていただいたところで中断しています・・・。
実際には、その後も修繕の範囲内でいろいろと行なっており、現在、下写真の状態まで進んでいます。

<Before>

(上写真で朱色矢印は、今回のブログ記事には関係ありません。)

<After>

また、外部だけでなく内部についても片付け・整理を断続的に行なっています。
当初は足を踏み入れる余地もないような状態だったのですが、今では普通に立ち入れるようになっています。

<Before>

<After>

ちなみに以前、ブログに書いた亡き父の五月人形も、この土蔵に長年仕舞い込んであったものです。

五月人形は今年の端午の節句にも飾り付けたのですが、我が家には分不相応のように感じ、市役所に活用策について相談しました。
その結果、最終的に市の資料館に引き取っていただきました(寄贈)。
引き取っていただく際、ほかに何かめぼしいものがあれば一緒に持っていってもらおうと学芸員の方に土蔵内も見てもらいました。
結局はガラクタばかりだったのですが、学芸員の方は土蔵内が片付いている様に大変驚いてみえました。
聞くと、我が家だけではなく、多くの土蔵が先の<Before>の写真のような状態になっているとのこと。
昨今、街中のゴミ屋敷が社会問題化していますが、広大な敷地と多くの建物がある田舎こそ、潜在的なゴミ屋敷が多くあるように思えてなりません。

閑話休題

土蔵に収蔵されているものは主に下写真のような器類です。


(「筑前」とあるのは伊万里焼のこと)

昔、慶事や法事などで人寄りがあった際に使われたものです。
骨董的な価値もなく、捨てても惜しくない代物ですが、今でも使おうと思えば使える状態です。
使えそうなものはとりあえず保管することにし、長年の埃や汚れを水洗いして取り除き、木箱は強烈な日差しに晒して虫干しです。

乾燥後、新聞紙で包んで木箱に保管。
木箱には蓋がありますが、長年の間に入れ替わってしまったのか、サイズが合っていません。

この際、補修しておくことにします。
サイズが合うように切断し、蓋を固定するための角材を古材から切り出します。

元々は木釘を使って留められていますが、木工用ボンドで代用。

たかが蓋ですが、こうして蓋がピッタリあっていると気持ち良いものです。

ほかにも虫に喰われて痛んでいる木箱や、そもそも木箱がないものもありますので、それらも追い追い補修していきたいものです。