土蔵修繕」カテゴリーアーカイブ

土蔵の修繕(7)収蔵物の洗いと虫干し

梅雨明け以来、酷暑が続いています。
この酷暑のなかでは、とても屋外で草刈りなどの作業はできません。
一方、暑くなるほど冷たい水が気持ち良く感じますので、井戸水(2年前に再生)で涼をとりつつ洗いものをすることにします。
洗いものの対象として思いつくのが、土蔵の中で何十年と日の目を見ることなく眠っているガラクタ類です。
埃にまみれて酷い状態ですので、洗えるものは水洗いし、洗えないものは虫干し(土用干し)してやるとサッパリしそうです。

ところで、土蔵については、その修繕の記録をブログ記事にするつもりが、ブログでは大工さんに柱・土台等(庇部分のみ)を取り替えていただいたところで中断しています・・・。
実際には、その後も修繕の範囲内でいろいろと行なっており、現在、下写真の状態まで進んでいます。

<Before>

(上写真で朱色矢印は、今回のブログ記事には関係ありません。)

<After>

また、外部だけでなく内部についても片付け・整理を断続的に行なっています。
当初は足を踏み入れる余地もないような状態だったのですが、今では普通に立ち入れるようになっています。

<Before>

<After>

ちなみに以前、ブログに書いた亡き父の五月人形も、この土蔵に長年仕舞い込んであったものです。

五月人形は今年の端午の節句にも飾り付けたのですが、我が家には分不相応のように感じ、市役所に活用策について相談しました。
その結果、最終的に市の資料館に引き取っていただきました(寄贈)。
引き取っていただく際、ほかに何かめぼしいものがあれば一緒に持っていってもらおうと学芸員の方に土蔵内も見てもらいました。
結局はガラクタばかりだったのですが、学芸員の方は土蔵内が片付いている様に大変驚いてみえました。
聞くと、我が家だけではなく、多くの土蔵が先の<Before>の写真のような状態になっているとのこと。
昨今、街中のゴミ屋敷が社会問題化していますが、広大な敷地と多くの建物がある田舎こそ、潜在的なゴミ屋敷が多くあるように思えてなりません。

閑話休題

土蔵に収蔵されているものは主に下写真のような器類です。


(「筑前」とあるのは伊万里焼のこと)

昔、慶事や法事などで人寄りがあった際に使われたものです。
骨董的な価値もなく、捨てても惜しくない代物ですが、今でも使おうと思えば使える状態です。
使えそうなものはとりあえず保管することにし、長年の埃や汚れを水洗いして取り除き、木箱は強烈な日差しに晒して虫干しです。

乾燥後、新聞紙で包んで木箱に保管。
木箱には蓋がありますが、長年の間に入れ替わってしまったのか、サイズが合っていません。

この際、補修しておくことにします。
サイズが合うように切断し、蓋を固定するための角材を古材から切り出します。

元々は木釘を使って留められていますが、木工用ボンドで代用。

たかが蓋ですが、こうして蓋がピッタリあっていると気持ち良いものです。

ほかにも虫に喰われて痛んでいる木箱や、そもそも木箱がないものもありますので、それらも追い追い補修していきたいものです。

土蔵の修繕(6)柱・土台等の取り替え

大工さんに柱や土台などの構造部分を取り替えてもらうため、その事前作業として前回、土台基礎の補修などを行いました。

また、取り替える予定の柱について、その下部に取り付けられている鉄板を外したところ、シロアリ被害により断面の2/3程度が欠損していることがわかりました。

<鉄板の取り付け状況>

<シロアリ被害の状況>

元々この柱も取り替える予定でいたのですが、鉄板で覆われてシロアリ被害が隠れていたため、比較的しっかりしていると思っていたほどなのです。

ところで、この鉄のカバーは柱に直接、雨がかからないようにし、ひいてはシロアリなどによる腐朽を防止するためのものだと思います。
それなのに、この覆われた箇所だけがシロアリ被害に遭っているような有り様です・・・。

そう言えば、主屋の改修工事を設計・監理していただいた建築士さんが「木材にこのようなカバーをするのには良し悪しがある」と仰ってみえました。
完全にカバーされているのならまだしも、中途半端な状態で雨水が入ってしまえば木材が乾きづらくなりますし、また、通気が遮断されることでシロアリにとって住み心地の良い環境になりそうです。

さらに、この柱の近くには以前、センリョウなどの植物が自生し、柱の下部を覆っていました。

通気の悪さに加え、植物により適度な湿気が補われ、シロアリにとっては天国だったわけです・・・。

ほかにも同様に鉄板が取り付けられている柱がありますので、鉄板を外して確認することにします。
鉄板の下には、さらに板の覆いが取り付けられています。

厳重と言えば厳重ですが、その分、シロアリ被害などが見つかりにくくもなり・・・。

この板の覆いも外します。

先の柱以外はなんともなっておらず、やれやれ一安心です。

そして、当初の予定を早めていただき、大工さんによる施工が始まりました。

仮の柱で屋根を支え、既設の柱や土台が撤去された状態になっています。
柱と土台の樹種は檜で、梁は赤松です。
また、土台には防腐効果を期待して塗装(オイルステイン)してあります(据付前にDIY)。

何のトラブルもなくアッと言う間に完成。
さすが大工さんです!

下写真の面(南側面)は土壁で仕上げられるようにしていただきました。

わざわざ土壁にしなくても適当な外壁材を張っておけば十分なのですが、反対の北側面(上写真で奥側)が土壁になっていますので、こちらも土壁にすると統一がとれそうです(昭和初期に鶏小屋を設ける前はこちらも土壁だったのだと思います)。
手間はかかりますが、材料はタダ(主屋の改修工事で発生した壁土)ですからね(^_^)

<続きます>

土蔵の修繕(5)基礎の補修

前回、土塀を撤去しました。

一方、肝心の鶏小屋があったところ(土蔵の庇下、下写真で手前側)については、大工さんに梁や柱などの構造部分の取り替えをお願いし、そのほかはDIYにて行うことにしています。

大工さんに構造部分の施工をしていただく前に、劣化している基礎の補修などを済ませておく必要があります。

下写真は土台の基礎コンクリート(無筋)ですが、大きなクラックが生じています。

基礎コンクリートの下に穴があいていますが、ここには陶器製の桶のようなもの(2枚目写真参照)が入っていました。
この桶状のものは養鶏に伴う排水を受けるためのものだと思います。
コンクリートのクラックは、この排水口を開ける際に生じたのかもしれません。
今ならドリルを使って綺麗な穴をあけることができますが、昔だとタガネぐらいしかなく、このようなことになったのでしょう(経年劣化のほうが大きい?)。

何れにせよ、このままでは不安定ですので補修することにします。
まずは穴があいている箇所に、砕石代わりにコンクリート殻を敷き均します。

途中の経過写真がなく、いきなり完成です・・・。

土台が載った状態で補修しなければなりませんので、上部に隙間を作った状態にして型枠をあて、その隙間からコンクリートを流し込みました。
このような無理な施工でアバタが生じてしまいましたので、酷いところはモルタルで化粧しています。

大工さんには、梁や柱、土台を取り替えていただくことになっています。
現状では、鶏小屋跡の正面向かって右側の梁や柱が土蔵の入り口側(右側)に寄りすぎているため、この機会に少し左(下写真で「新設」の位置)に移していただきます。
この箇所に柱の礎石が必要となりますので新設することにします。

設置箇所の土間コンを切断・撤去し、穴を掘ります。

礎石には、主屋(古民家)で使われていた延べ石(減築に伴い発生)を必要長さで切断して再利用しています。

これまた作業途中の写真がありませんが、砂利を敷き、均しコンクリートを打って礎石を据え付けました。

これで、いつでも大工さんに入っていただける状態になり、自分としては一安心です。
今日明日に地震が起こることもないでしょうし、大工さんには手が空いた時に施工していただくことでお願いしました。

撤去した後の柱などは薪にするつもりですので、柱の下部に取り付けてある鉄板(不燃物)を外しておくことにします。

取り外したところ、なんとシロアリでボロボロの状態であることが発覚!

朽ちて粉状になっているところを取り除くと・・・

なんと、断面の2/3程度が無くなっている状態です!!
大工さんに見ていただいところ、予定を早め急遽施工していただくことになりました。

とりあえず添え木をして手当てしておいてほしいとのことで、あり合わせの木材をビスで打ちつけておきます。

しかし、この朽ちかたからは、現在シロアリが喰いつつあるような状況ではなく、相当以前からこのような状態にあったように思えます。
当地では10年ほど前に震度5強の直下型地震に見舞われていますが、よくもその時に倒壊しなかったものです。
そして15年ほど前にはこの柱上で屋根の葺き替え(しかも土葺き)をしているのですが、作業中に倒壊なんてことも十分にあり得たのだと思うとゾッとします。

<続きます>