カテゴリー別アーカイブ: 井戸再生

井戸の再生(8)ポンプ運転

前回、ポンプを設置しました。

あと、井戸内の吸込管を設置すればポンプを運転させることができます。

井戸内の吸込管(塩ビ管φ20)は約3mです。
先端にストレーナ(ポンプ付属品)を取り付け、元側に吊りバンドを取り付けます。

IMG_3729

この吸込管は、以前配管した井戸側面の貫通部に接続します。

井戸

接続箇所は、井筒の天端から約70cm下です。
井戸の上から覗き込んで作業するのは危険ですので、井戸内にハシゴを掛けることにします。

ハシゴを掛けると井筒に力がかかります。
しかし、井筒(厳密には陶製の井筒を覆っているコンクリート)の一部に亀裂が生じていて危ない状態です。

IMG_3703

事前にコンクリート用接着剤を使って手当てしました。
コンクリート用接着剤のなかでも衝撃に強いタイプ(セメダイン車止め用)です。
接着剤硬化後に力を入れてみましたがビクともしません。
これで安心して作業できます。

IMG_3704

井戸内に入る前に、ハシゴを綺麗にし、盛り塩にてお清めをします。

IMG_3730

井戸内に入り水面をみると、濁りはなく、グリーンっぽい色をしています。
井戸の内壁は、礫混じり土で堅固にみえます。

IMG_3732

吸込管の繋ぎ込み完了です。

IMG_3734

井戸の上に渡してある塩ビ管は、吸込管を吊るためのもの(仮)です。
吸込管(塩ビ管φ20)自体は軽いですが、充水するとそれなりの重さになるため上部から吊るようにしています。

これでポンプを運転させることができます。
いざポンプのスイッチ・オン!

IMG_3735

しばらくすると、蛇口から勢いよく井戸水が出てきました!
感動!!
無色透明で、冷たくて気持ち良いです。
「井戸水は、水道水に比べ夏は冷たく冬は暖かい」と言いますが、これほど冷たいとは思いませんでした。

しかも、ポンプ(倉庫内に設置)の動作音は静かで、倉庫内にいてもほとんど気になりません。
倉庫の外では耳を澄まさないと聞えません。

しばらく使いながら漏水などの不具合がないか様子をみることにします。

<続きます>

井戸の再生(9)土間コン復旧

前回、ポンプを無事運転させることができました。

その後、不具合なく良い感じで動いています。
配管からの漏水もないようです。

IMG_3828

ただ、自信のなかった、バルブの雄ネジ(R)と塩ビ管ソケットの雌ネジ(Rp)と接合部を触ると、結露しているかのように少しの濡れがあります。
酷くなるようなら、やり直しです・・・
埋設部ではないので比較的容易とは言え、酷くならないことを祈るばかりです。

埋設部分での漏水はありませんでしたので、ハツった土間コンの復旧です。
その前に・・・

コンクリートは、打設するのは楽しい作業です(あくまで小規模の場合ですが)。
一方で解体するのは大変な作業で、そのうえ処分に困るコンクリート殻が大量に発生します。
土間コンを復旧する前に将来のことを少し考えます。

井戸水は、いまのところ質・量ともに良好です。
将来的には宅内給水にも使うことを視野に入れたいと思います。

IMG_3753

ちょうど今回配管した井戸水の給水管を直交する形で、上水道の給水管が通っています。
ここで切り替えれば、宅内で井戸水が使えることになります。
(井戸水の給水管と上水道の給水管を接続することはしません。これは「厳禁」です。)

ただ、全て井戸水というのは不安ですので、別系統で上水道を宅内に引き込むことになります。
その場合、今回土間コンを復旧するところに再度配管することになります。
そこで、その部分だけは解体しやすいように薄い(15mm程度)モルタル敷にとどめることにし、その分を砂利でかさ上げします。

では、コンクリートの打設です。
土間コンをハツったときに発生したコンクリート殻を砂利の代わりに使います。

IMG_3754

コンクリートを打設します。
(モルタル敷にとどめるところは除いています。)

IMG_3755

モルタルを全面に打設します。

IMG_3757

井戸の井筒(陶製)はコンクリートで包まれていますが、一部がむき出しになっています。
コンクリート作業のついでに、この部分も直します。

IMG_3758

型枠を組んでコンクリートを流し込めば良いのですが、上部が張り出しているため流し込めません。
面倒ですがモルタルを塗り重ねることにします。
横着して、無謀にも今回5cm(下のレンガが隠れるぐらい)を目標に塗り付けます。
(普通は1.5cm程度かと思います・・・)

なんとか塗りつけできました。

IMG_3760

上部の張り出しまでは、さらに5cm程度塗り重ねしなければなりません。
次のモルタルの付きがよくなるように櫛目を入れておきます。

シートで養生して本日の作業終了。

<続きます>

井戸の再生(10)井桁作製

前回、土間コンを復旧しました。

井戸にはコンクリート製の蓋があるのですが、結構な重量があります。
しかし、あまり状態の良くない井筒に負担がかかるのではないかと思い、使っていません。

IMG_0050

井筒に負担をかけないように軽い竹蓋(和風の庭園で見かけるもの)を作りたいと思います。

井筒が円形なのに対して、通常みかける竹蓋は四角形です。
円形の竹蓋もアリかもしれませんが、使い勝手が良くないように感じます。
そこで、円形の井筒と四角形の竹蓋の間に木製の井桁を挟もうと思います。

まずは井桁を作製します。
材料は廃材の角材(1.8寸角)を再利用します。
相欠きやホゾ組みで継ぐのですが、ホゾ組みとなると簡単なものでも図面なしでは全く自信がありません・・・
前もって簡単な図面を作り寸法を出します。

井戸蓋

角材が余るため、真ん中に桟を1本入れて転落防止用としています。

丸ノコとノミを使って相欠きを加工します。

IMG_3764

真ん中の桟は、胴付きホゾで継ぎます。
加工が面倒です・・・

IMG_3789

継手が加工できたので組み上げます。
これは楽しい作業です!

IMG_3791

組み上がった井桁を一旦、井筒にのせてみます。

IMG_3797

わざわざ設計図を作っただけはあり、大きさもあっています。

井桁の上におく竹蓋は開閉ができるようにしますが、井桁が動くようでは困ります。
井桁の裏側に角材を取り付け、井筒の内面で固定するようにします。

IMG_3823

写真の赤丸が井筒の内面になります。
角材を取り付けるビスは、錆びないようにステンレス製のものを使っています。

井桁の設置場所は屋外で、しかも井戸上です。
塗装しておいたほうがよいのですが、あいにく塗料を切らしています・・・
塗装はひとまずおいて、次に竹蓋の作製にかかりたいと思います。

<続きます>

井戸の再生(11)竹蓋作製

前回、井桁の取り付けまでできましたので、竹蓋の作製にかかります。

竹蓋には、昨冬に里山から伐り出した竹を使います。

この里山は、自宅に隣接し広さ約3,000m2です。
その2/3がマダケの竹林(竹やぶ!?)、残りがクヌギなどの雑木林となっています。
とくに竹やぶのほうは中に入ることすらできないような状態であったため、3年前の冬から竹の間伐を中心に整備を行っています。

IMG_3047

現在、坪(3.3m2)当り竹1本程度の密度で、光が入る状態となっています。
間伐で1,000本以上の竹を伐りましたが、そのほとんどは持ち出さずに山のなかに積んであります。

マダケは直径5寸(15cm)もある太いものから篠竹のような細いものまでが混在します。
直径が1寸(3cm)程度のものは特に唐竹(ガラダケ)と呼ばれ、竹垣などの用途に最適とされています。
根元が太い竹でも上部の細い部分を使えばよいと思われるかもしれません。
しかし上部は先細りであるため、どうしても元と末の太さが異なる竹材となってしまいます。
そこで根元で1寸程度の竹の下部を採ると、元と末の径がほぼ同じで、なおかつ節のない竹材を得ることができるわけです。

IMG_3046

これらが根元で直径1寸程度の竹の下部4mを伐り出したものです。
元と末の径はほぼ同じで、節もあまりありません。

倉庫内でこのように保管しています。

IMG_3157

伐り出したときはもちろん青竹ですが、半年以上の自然乾燥でサラシ竹のようになりました(本来のサラシ竹は、青竹のうちに炭火などで炙って油分を抜きます)。
木材のAD(自然乾燥)材ならぬ竹のAD材ですね!
ただ、自然乾燥ですので、青みが残っているものから白いものまでさまざまです・・・。

井桁の大きさにあわせて切り揃えます。

IMG_3804

黒染めのシュロ縄で編みます。
編み方はこちらの動画を参考にさせていただきました。
シュロ縄は、1列につき、編む方向の長さの7倍程度(3.14×2+α)を用意すると良いです。

IMG_3813

まっすぐに編んだつもりでも、いつの間にか横にそれてしまっています・・・。

井戸桁のうえに被せて完成です!

IMG_3825

まだ立水栓や井筒のモルタル塗りが残っていますが、それらは追い追いやることにして、とりあえず井戸の再生は完了です。

井戸水は、農具を洗ったり、芝生の水遣りなど、思っていた以上に活用しています。
そのうえ、盛夏のこの時期は本当に冷たくて気持ち良い!
外での作業を終えて井戸水で顔を洗うと疲れが吹き飛ぶほどです。

ブログで書くと長くなりましたが、最低限のポンプの据え付けは考える以上に簡単です。
もし活用できそうな井戸をお持ちなら、ぜひとも再生させていただければと思います。

<続きます>

井戸の再生(12)竹蓋作製(2個目)

前回、井戸の竹蓋を作りました。

IMG_3825

初めてにしては上出来だと自己満足しています(^_^)
ただ、竹を編むシュロ縄が斜めになってしまったのが反省点です。

自宅敷地内にはこの井戸とは別の井戸もあります。
そこで二つ目となる竹蓋作りに再チャレンジします。

今回作製する竹蓋を設置する井戸です。

IMG_3854

この井戸は主屋の表側(南側)にあります。
昔は来客用として使われていたそうです。
前回竹蓋を作ったお勝手用の井戸(主屋の裏側)は陶製の井筒(円形)でしたが、こちらは石材で井桁(四角形)が組まれています。
現在設置されているコンクリート製の蓋(柵板)のうえに竹蓋を重ねることにします。

まずは竹を切り揃えます。
竹は円筒形なので、木材(角材)に比べ固定しづらいです。
そこで、固定用の作業台(角材の上部に切り込み)を用意しました。

IMG_3834

竹を置くと、このような感じになります。
ちょっとしたことなのですが、作業がスムーズにできるようになります。

IMG_3835

前回、竹を編むときにシュロ縄が斜めになってしまったことから、今回は編む位置にマーカーで印をつけました。

IMG_3836

柿渋を木材に塗布したことがありますが、竹に柿渋を塗布するとどうなるのでしょうか。
二年前に仕込んだ柿渋を初めて使います。

IMG_3841

塗布後の状態です。

IMG_3844

写真ではわかりませんが、青竹は水を弾くような感じで、あまり塗りごたえがありません。
一方の乾燥した竹は柿渋が吸収されていくのがわかり、効果に期待が持てます。
それ以前に自家製の柿渋自体がうまく熟成できているのかという問題がありますが・・・

乾燥のため1日おいて、先につけた印を目印にしてシュロ縄を編みます。

IMG_3850

目印があることがで、今回は斜めになることなく編むことができました。

完成した竹蓋を井戸に設置します。

IMG_3867

コンクリートの蓋だけに比べると趣きがあるでしょうか?

<続きます>

井戸の再生(13)災害時協力井戸

前回までで再生(再利用)させた井戸は、散水や道具の水洗いなどに大活躍しています。

また毎朝、井戸から汲んだ新鮮な水を仏前に供えるようになりました。
水道水では感じることのなかった感謝の気持ちが自然と湧いてくるのかもしれません。
水道水は、水中の細菌と一緒にこのような気持ちも塩素滅菌してしまっているのでしょうか・・・

このような井戸水を独り占めしていては罰があたりますので、鈴鹿市の「災害時協力井戸」に登録してもらうことにしました。
災害時協力井戸とは、災害時に井戸水を生活用水として近隣住民に提供するというものです。
全国の自治体で同様の制度が導入されているようですが、鈴鹿市でも今年度から始まりました。

登録には、揚水設備(ポンプなど)が備えられていることや、転落防止措置(井筒や井戸蓋など)がとられていることなどの条件があり、申請ののち市による現場確認が必要となります。
無事現場確認も終わり、写真のようなプレート2枚を交付していただきました。

IMG_3903

1枚は玄関などの人目につきやすいところ、もう1枚は井戸の周辺に掲示することになっています。

古民家の玄関にプラスティック板のプレートを掲げるのには抵抗があります。
このような異質のものを取り付けると、拙宅のようなボロ屋の場合は安っぽくみえてしまうものです・・・

IMG_2063

そこで勝手口(トタン張)に掲示することにします。

IMG_3905

もう1枚は井戸の近くの倉庫に取り付けて完了です。

IMG_3982

話は前後しますが、未塗装のままだった井桁を塗装しました。

IMG_3881

クレオソートやコールタールなどを使えば長持ちします。
しかし、これらに触れた雫が微量とはいえ井戸内に入ることを考えると避けたいものです。
そこで「バトン(VATON)」という植物由来のオイルステインを使いました。

この種の塗料ではドイツの「オスモ(OSMO)」が有名ですが、何しろ高価です。
バトンは、一斗缶でも2万円程度だったように思います。
ちなみに主屋の古民家は、外部で風雨に晒されるところはこのバトンで塗装しました。
(外部でも雨が当たらない箇所は柿渋による古色塗りを行っています。)

<続きます>

井戸の再生(14)凍結対策

昨年、井戸を再生(再利用)しました。

井戸水を汲み上げるポンプは倉庫内に設置してあり、その前後の配管は露出配管(VPφ20)になっています(その他は地中埋設)。

IMG_3738

これから最も寒い時期を迎えることから、この露出配管について凍結対策を施したほうがよさそうです。

当地(三重県鈴鹿市)は比較的温暖で、屋外で水道管が凍るのは年に数回と言った程度です。
さらに、この露出配管部分は倉庫内(一応は屋内)ですので最低限の凍結対策で十分だと思います。
そこで、ホームセンターで安価(100円程度)なパイプカバー(内径φ20×2,000)を買ってきました。

パイプカバーを適当な長さで切り、塩ビ管(VPφ20)に被せます。
そして、外れないようにビニールテープで巻きつけます(ビニールテープ付きのものも市販されています)。

img_4938

パイプカバーが余りましたので、これを使って屋外の蛇口にも凍結対策を施すことにします。

蛇口にパイプカバーを被せます。
パイプカバーの材質は発泡ポチエチレンですので、雨に濡れると吸水して凍結に繋がります。
そこでビニールシートを被せて雨よけとします。

img_4941

ビニールシートが被さった状態(上写真)でも蛇口は回せますが、邪魔なときは下写真のようにシートをめくれるようにしてあります。

img_4942

ちなみに自作立水栓のなかの水道管は、作製時にパイプカーバーを被せています。

IMG_3686

これで気温が氷点下になっても井戸水を使えます。
しかし、井戸水用の水栓は屋外のこの1箇所だけですので、井戸水を使うには外に出なければなりません(^_^;

<続きます>