古民家再生」カテゴリーアーカイブ

刈払機掛けの自作(2)作製

前回、刈払機の収納方法について検討し、下図のブラケット状のものを作ることにしました。

1寸(30mm)角の角材を用いることにしていますが、これは在庫の間柱材(105mm×30mm)から木取りするためです。

間柱材を30mm(+α)幅で挽き割ります(バンドソー使用)。

最近、ホームセンターで木材を購入する際は、杉の間柱を選ぶことが多いです。
そうすれば木取りする必要があるものの、欲しいサイズの角材を得られますし、工作の毎にホームセンターに走る必要もありません。
であれば、柱材を購入しておき、それを挽き割って使うようにすれば、さらに自由度が広がることになります。
しかし、かなりケチ臭い話しになってしまいますが、ホームセンターでは間柱材の単価(単位体積当たり)が最も安く、柱材を購入すると高くついてしまうのです(単価差は僅かですので、工作の頻度が少なければ、都度、希望サイズに近いものを購入するがベストです)。

話しが脱線してしまいましたが、挽き割ったものをプレーナーにかけて一定寸法になるように仕上げます。

30mm×27mm×2mの角材が2本得られました。

これを所定の寸法で切断。
次にホゾ穴の加工を行います。
今回は深さ方向に斜め45°のホゾ穴になりますが、手ノミだけで正確に加工するはとても私の技術では無理です。
このため、これまではドリルスタンドに簡易的な角ノミのアタッチメントを取り付けて加工していました。
角ノミと言えば、以前、大型の専用機(中古品)を入手しましたが、この機種はオプション品(スタンド等)を取り付けることで造作用の角ノミとしても使えるようになっています。
電動工具も増える一方では保管やメンテに手間を取られかねないため、角ノミは大型のものに一本化しました(ドリルスタンドを売却し、その売上金でオプション品を購入)。
今回はそれを使って加工します。

45°の角度をつけた治具を作り、それで材を固定してホゾ穴をあけます。

まだ機械の扱いに慣れておらず苦戦しましたが、正確に加工できました。

続いてホゾのほうを加工します。
テーブルソーを使いますが、角ノミと違ってこちらは慣れたものです。
(四方)胴付きに45°の角度がついていますので、ブレードを45°傾斜させて2面から切り込みを入れます。

残る2面は、ブレードの傾きを垂直に戻し、傾斜定規のほうを45°にして切り込みます。

あとは、切り込み箇所まで手鋸で縦挽きすればホゾが現れます。

ホゾを組み立てて2組の腕木を作ります。
腕木と柱とはビス留めして固定しますが、位置が決まるように柱側を浅く溝切りしておきます。

柱を鉄骨の胴縁に対してタッピングビスで取り付けます。

一旦、腕木の上に刈払機を載せ、ちょうど良い場所で刈払機を固定するための角材(端材)を取り付けます(上写真がその作業中の様子)。

隣の斧掛けと統一がとれるように塗装(オイルステイン)して完成です。

これで、夏の草刈りも楽しくなるかも!?

ところで、上写真に写っているとおり、刈払機の下のスペースには薪割り機(手動式)を置くことにしました。
この薪割り機は、節部分など斧では太刀打ちできなかったものを割るのに利用しています。
とは言え、生木のうちに割るようにすれば節部分も斧でいけることが多いため、これを使って割るのはせいぜい年間10〜20玉程度です(無くても済むのですが、ヤフオクのクジに当たって衝動買いしていました・・・)。

あと、薪作りには昨年購入した背負子も活躍しています。
これも収納棚(チェーンソー等を収納)の角に掛けて収納できるように下写真のとおり角材を取り付けてフックにします。

今や、道具を含めてあらゆるモノが画面上のボタンをポチっとするだけで手に入る時代です。
その容易さの反面、モノが増えることで、収納や、十二分に活用することが難しくなっているように感じています。

刈払機掛けの自作(1)収納方法の検討

下写真は先般、倒木のクヌギを薪割りしたときのものですが、こうした薪割りは朝の運動(朝活!?)を兼ねて少しずつ(10〜20分程度)進めるようにしています。

以前は朝活としてジョギングをしていたのですが、父が亡くなってからは、こうした薪割りや庭木の剪定など家のことを行っています。
ジョギングも良かったのですが、自分にとってはこうした作業的なものの方が充実感があります(実利も得られますし^_^)。

薪割りで心地良い汗をかいたあとは、使用した斧に感謝の気持ちを込め、油を含ませた布で拭ったうえ斧掛けに収納するようにしています。

この斧掛けは昨年に自作したものです。
ちょっとしたことですが、こうした収納場所を作っておくと道具を大切に扱うようになりますし、作業自体も楽しくなるように感じています。

と殊勝なことを言いつつ、一歩下がってみると・・・

草刈りに使う刈払機が床に置きっぱなしになっています・・・。
鋭い刃のついたものが足元にあるのは危険なため、以前から目にする度にどうにかしたいと思っていました。
刈払機が売られているホームセンターのコーナーをみると、刃の部分を上にして吊り下げるようにして陳列されているのをみかけます。
これなら安全ですし、保管場所もとりません。
しかし、サラの状態なら良いとしても燃料が入った状態でこうした姿勢で保管するとエンジン(キャブレター)に悪影響を与えかねないと言うネット上の情報を目にしてしまい、その後数年放置することに・・・。

そうこうしている間にガレージ内の整理も進み、刈払機を横(水平)置きして保管するスペースが出てきました。
その場所は先の斧掛けがあるところの隣です(刈払機のサイズから斧掛けを少し移設する必要有り)。

鉄骨の胴縁にブラケット状のもの(上写真で朱色の三角)を取り付け、その腕木のうえに刈払機を載せる形で収納してはどうかと考えました。
こうすれば刈払機の下にも何かを置くことができ、スペースを有効利用できます。

そこで、刈払機のサイズや胴縁の位置を測ってブラケットの図を描いてみます。

刈払機のハンドルが、鉄骨の胴縁間に収まるようにブラケットの取り付け位置を調整することで、刈払機が転落しないようにするとともに少しでもスペースを節約するようにしています。

ブラケットは角材(1寸角)を用いて作り、腕木とその支え(下図で朱色)の接合はホゾ組みにする考えです。

刈払機の重さはたかがしれていますので、手間のかかるホゾ組みにしなくても金具(棚受け、ビス留め等)で十分なのですが、自己満足のためホゾ組みにこだわっています・・・。